三菱自動車、ディーラーの企業倫理取り組み状況を聴取

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車は、第17回の企業倫理委員会を開催し、販売会社の企業倫理推進状況について説明を受けるとともに、リコール業務の監査状況について、販売会社側から説明を受けた。

販売会社の企業倫理推進状況については、愛知中央三菱自動車販売の社長から説明を受けた。

その結果、委員から「地に足をつけて、熱心に取り組んでいることがよくわかって心強い。メーカーが参考にすべき内容も多々あると感じた。他の先進的ディーラーとも連携して横展開していくことが大切。引き続き、粘り強く取り組んで欲しい」や「日常の業務に密着した形で具体的なチェックリストができている点が非常に良い。さらに測定・評価・フォローアップなどPDCAのサイクルが回っているのであれば、先端的な他社にも負けない活動と言えるのではないか」などの肯定的な意見があった。

また「先頭を走っている販売会社同士が集まって、企業倫理の取り組みなどについて、ハイレベルの実践的議論を行ない、更に良い形を作りあげて行って欲しい」との意見も。

また、リコール業務の監査状況について会社側から説明を受け、委員会では「品質監査部の役割について、“適正”に加え“迅速”に運営されているかどうかも監査目的に明記して欲しい」や「車種が違っても、共通する部位の不具合については、まとめて審査するような工夫を検討して欲しい」、「クルマを売っているのだから、安全だけでなく安心という目で監査して欲しい」などの意見が出された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集