酔った勢いで飛び降り? 同僚のトラックにはねられ死亡

自動車 社会 社会

16日深夜、佐賀県鳥栖市内の国道3号線で、走行中の大型トラックから男性が転落し、同じトラックの後輪にはねられて死亡する事故が起きた。トラックはそのまま逃走したが、後に30歳の男が道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕されている。

佐賀県警・鳥栖署によると、事故が起きたのは16日の午後10時30分ごろ。鳥栖市水屋町付近の国道3号線に架かる千歳橋を走行していたクルマの運転者から「前を走っていた大型トラックから男性が転落し、同じトラックの後輪ではねられた」との通報が寄せられた。

通報を受けた同署員が現場に急行。路上に血まみれで倒れている34歳の男性を発見。男性は近くの病院に収容されたが、事故から約3時間後に出血性ショックが原因で死亡している。トラックに踏まれたことはタイヤ痕から明白だった。

警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始。転落した男性の身元を所持品などから照会した結果、この男性が福岡県内の運送会社に勤務することが判明。当日は交替要員も含めて3人で宮崎県内に向かっていたこともわかった。

男性は乗務していたトラックから落ちたことが裏付けられることとなり、警察では運転していた30歳の男に対して電話で出頭を要請。男は後に警察に出頭し、道交法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕された。

取り調べに対し、男は「酒を飲んでいた男性と口論になった。男性は酔った勢いで“帰る”と言いながらドアを開けて飛び降りた」と供述。また、「はねたことはすぐにわかったが、怖くなって逃げた」とも話しているという。

警察では引き続き、業務上過失致死容疑でも調べを進める方針。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集