損保ジャパン、企業向け自動車保険の新製品

自動車 ビジネス 企業動向

損害保険ジャパンは13日、企業向け自動車保険の新商品を10月1日から発売すると発表した。中堅・中小企業を主な対象として販売する。

新自動車保険には、インターネットで企業経営者と代理店を結び、事故防止支援サービスを付加して提供する。また車両管理ソフトは従来の車両管理機能に加え、増減車通知機能や事故分析機能を搭載した新車両管理ソフトを開発した。

補償内容は、業務用車両が強盗被害に遭った際に保険金を支払う「強盗被害事故パック」や、法人用対人臨時費用特約、個人情報対策費用特約を業界で初めて採用した。また通常の自動車保険では補償の対象外となる事故についても保険金を支払う「フリートパッケージ賠償責任保険」も業界で初めて設定する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集