アイシン精機が創立40周年、ロゴマークなど一新

自動車 ビジネス 企業動向

アイシン精機は、創立40周年記念事業の一環として、2005年9月1日から企業ロゴ・社名ロゴ・コーポレートカラーなどのCIS(コーポレート・アイデンティフィケーション・システム)を改定すると発表した。

ステートメントロゴの新設やグループでの共同出展イベントなどで使用するアイシングループロゴの設定なども併せて改定する。

これまでのCISは、創立15周年の1980年に制定して以来、四半世紀が経過している。今回、創立40周年を節目に「時代に即した新たな企業イメージづくり」として、CISを改定する。

新しい企業ロゴはデザイン性を持たせ、アイシンの「A」に窓を設けて、広い視野と開かれた心を併せ持つアイシンの存在を主張しつつ、先進性と独創性を表現したと、している。また、新しい企業ロゴにあわせたステートメントロゴを今回新たに設定した。

ステートメントロゴは、グローバル化を視野に英文の「Geared up for the future」とし、‘未来を見つめ、時代を動かす’という思いから「人と車と社会の明日へ、前向きに挑戦していく」意志を示した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集