信号無視を繰り返し、バイクと出会い頭に衝突

自動車 社会 社会

6月27日、東京都世田谷区内の国道で、信号無視を行ったことを理由にパトカーに追跡されていた乗用車が、再び赤信号を無視して交差点に進入、25歳の男性が運転するバイクと出会い頭に衝突した。

バイクの男性は重傷を負ったが、クルマはそのまま逃走している。

警視庁・玉川署によると、事故が起きたのは6月27日の午前2時50分ごろ。世田谷区駒沢付近の国道246号線をパトロールしていた同署のパトカーが、信号無視を行って進行する乗用車を発見。サイレンと赤色灯を使用した状態で追跡を開始した。

クルマはパトカーからの停止命令を無視し、スピードを上げて逃走したが、発見現場から約1.5km離れた世田谷区用賀1丁目付近の交差点にも赤信号を無視して進入。この際に交差側道路から青信号に従って進行してきた25歳男性の運転するバイクと出会い頭に衝突した。

男性は路上に投げ出され、頭などを強打する重傷を負ったが、クルマは止まらずにそのまま逃走している。

警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始。西進して逃走した容疑車両の行方を追っている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集