「ブルーオクタン」プロジェクト…IBMのハイテクカー

自動車 ニューモデル 新型車
不具合が起きたときに自分でそれを察知し、ディーラーに修理依頼を自分で行うクルマ……。そんな近未来的ロボットカーの開発が進められている。しかもこの開発を行っているのは自動車メーカーではなく、コンピュータ界の巨人、IBM。

コードネーム「ブルーオクタン」と名付けられたプロジェクトは、最先端のコミュニケーション技術を駆使しする。

「故障などが起きればそれを自分で診断し、不具合箇所があることを訴え、インカーマルチメディアを通して自動的にディーラーに不具合を連絡する。またオーナーの声を認識し、ボイスコマンドで操作ができる。オーナーの個人的な好みを学習し、自動的にオーナーが好む音楽などを流す」といったクルマを目指す。

また、近い将来にはワイヤレスを使って、リビングからクルマに音楽などを転送する、といったサービスの提供も視野に入れている。

現在のコンピュータ技術を使えば、決して不可能ではない「自分で判断し、コミュニケートできるクルマ」。ちなみにコードネームの由来は、「ガソリンではなくデジタルを燃料とするクルマ」という意味だそうだ。

早くプロトタイプが見てみたい?
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

  • 【インプレ'04】下野康史 ホンダ『レジェンド』 シャープで静かな感覚はホンダならではの味 画像 【インプレ'04】下野康史 ホンダ『レジェンド』 シャープで静かな感覚はホンダならではの味
  • 【ITS世界会議名古屋】インテリジェントパーキングアシストは外国人に大人気 画像 【ITS世界会議名古屋】インテリジェントパーキングアシストは外国人に大人気
  • 【東京モーターショー04】トヨタのITSバス、IMTS 画像 【東京モーターショー04】トヨタのITSバス、IMTS
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース