【アルパインCDA-9855J×iPodリンクを試す】その1…iPodユーザーの理想をカタチにするカーオーディオシステム

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【アルパインCDA-9855J×iPodリンクを試す】その1…iPodユーザーの理想をカタチにするカーオーディオシステム
  • 【アルパインCDA-9855J×iPodリンクを試す】その1…iPodユーザーの理想をカタチにするカーオーディオシステム
  • 【アルパインCDA-9855J×iPodリンクを試す】その1…iPodユーザーの理想をカタチにするカーオーディオシステム
  • 【アルパインCDA-9855J×iPodリンクを試す】その1…iPodユーザーの理想をカタチにするカーオーディオシステム
  • 【アルパインCDA-9855J×iPodリンクを試す】その1…iPodユーザーの理想をカタチにするカーオーディオシステム
2001年11月に発売以来、全世界で600万台を超える大ヒットとなっている『iPod』。記録メディアにHDDを使ったことで、所蔵しているCDのほとんど、あるいはすべてを収録することができ、それがいつでもどこでも楽しめるかつてない音楽の楽しみ方を提供した。これがiPodが大ヒットした最大の理由だ。

もちろん、アルバムやカテゴリーごとに分けて再生したり、収録曲をランダムに再生するのはお手のもので、再生したい曲の呼び出しもブラウザ機能によって簡単にできてしまう。メカニカルなイメージとはほど遠いオシャレなデザインも人気を呼んだ理由のひとつ。まさにiPodがそれまでのヘッドホンステレオの概念を一気に覆してしまったのである。

そんななか、iPodの利用法として人気を呼んでいるのが車載でのミュージックサーバーとしての役割だ。iPod は1万曲もの(40GBタイプ)楽曲が収録可能なワケで、これをサーバーとして使えば、巨大なCDチェンジャーのように楽しめる。こんな“おいしい”ミュージックソースを逃す手はないというわけだ。

ただ、これまでじゅうぶんな機能として楽しんでいたかといえば「?」がつく。iPodを車載で使うには、一般的にFMトランスミッターを組み合わせてFM波経由で楽しむのが一般的で、FMチューナーさえあればiPodの楽曲をカーオーディオで再生することができる。面倒な接続もなく楽しめるのもメリットだ。

しかし、問題はFMトランスミッター機能を経由したときのサウンドである。FM波は基本的に音がよいと思っている人が多いようだが、それはAM放送と比較した場合のこと。CDなどのデジタルサウンドを聴き慣れた耳には明らかに音のクオリティは低いし、何よりもFMモジュレーターを使うということで外からノイズの影響も受けやすい。これでは音楽を楽しむにはあまりに心許ない。

また、iPodのコントロールは本体側で行なう場合がほとんどで、車載で使う以上、これでは安全性という観点からもオススメはしにくい。そんななかでアルパインから登場したのが、CDヘッドユニットの新機種『CDA-9855J』と、それに接続するiPod専用インターフェイスアダプター『KCA-420i』である。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集