ホンダ、北米の生産能力がビッグ3に迫る

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ、北米の生産能力がビッグ3に迫る
  • ホンダ、北米の生産能力がビッグ3に迫る
ホンダの北米での工場拡張が進み、2006年には車の生産台数能力はトヨタばかりかクライスラーをも上回る見込みだという。しかもその数字はフォードにさえ迫る勢いだ。

ワーズのオートモティブ・リポートが18日付けで明らかにしたもので、今後のトヨタのトラック工場やクライスラーのジープ工場拡張などを計算しても、ホンダがなお上回る、という。

ホンダの今年の北米での生産台数能力は139万台で、すでにトヨタの136万台を追いこした。2006年には、この差は161万台対155万台、とさらに広がる見込みで、生産台数をくらべるとホンダが米ビッグ3の一角、ということになる。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集