職務質問をしようした警官に原付バイクで突進

自動車 社会 社会

神奈川県警は2日、職務質問を実施した警察官に対し、原付バイクを突進させたり、足で蹴るなどしたとして、25歳の男2人と30歳の男を傷害と公務執行妨害の現行犯で逮捕した。

職務質問の発端となった別の傷害事件についても並行して調べを進めるとしている。

神奈川県警・相模原署によると、事件が起きたのは2日の午後9時40分ごろ。これより前の同日午後9時10分ごろ、相模原市内の市道でタクシーの運転手が原付バイクに乗った若い男に襲撃され、顔などを殴打されるという傷害事件が発生した。

被害に遭ったタクシー運転手は男たちが逃走の際に使用した原付バイクのナンバーを覚えており、警察ではこれを基に緊急配備を行い、逃げた男たちの行方を追っていた。

そして同日の午後9時40分ごろ、現場から数百メートル離れたコンビニエンスストア駐車場で、手配の出ていた原付バイクをパトロール中の警察官2人が発見。近くにいた3人の男に対して職務質問を実施しようとした。

しかし、男たちはこれに激怒。2人の警察官に向けて原付バイクを急発進させて突進させたり、足を蹴ったりした。2人はこれを制止する際に全治1週間程度の軽傷を負っており、傷害と公務執行妨害の現行犯で逮捕している。

逮捕された男たちは容疑を大筋で認めており、タクシー運転手殴打についても認めているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集