ケータイ駐車場 「タイムズドコモタワーサイド」がオープン

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ケータイ駐車場 「タイムズドコモタワーサイド」がオープン
  • ケータイ駐車場 「タイムズドコモタワーサイド」がオープン
  • ケータイ駐車場 「タイムズドコモタワーサイド」がオープン
  • ケータイ駐車場 「タイムズドコモタワーサイド」がオープン
  • ケータイ駐車場 「タイムズドコモタワーサイド」がオープン
  • ケータイ駐車場 「タイムズドコモタワーサイド」がオープン
9月30日、時間貸し駐車場「タイムズ」を運営するパーク24が、携帯電話連携など様々なITサービスに対応した駐車場「タイムズドコモタワーサイド」を発表した。10月1日からオープンする。

タイムズドコモタワーサイドでは、NTTドコモの「おサイフケータイ」や「FOMA TV電話機能」に対応する。

おサイフケータイとの連携では、ケータイをかざすだけで電子マネー「Edy」で利用料金が支払える。さらに将来的には、パーク24が運営するポイントカードサービス「タイムズクラブ」用の携帯電話アプリを用意し、おサイフケータイでの支払いでもポイントプログラムが受けられるようにする予定だという。

パーク24はすでにクレジットカード決済が可能なタイムズ駐車場を各地に展開中だが、「クレジットカードは認証に7秒程度の時間がかかるが、おサイフケータイでの支払いは2〜3秒で終わる」(説明員)と決済時間短縮のメリットを話す。

一方、FOMA TV電話機能は、NTTドコモが提供する「M-stage Vライブ」のサービスを用いて、駐車場にある4基のカメラ映像をリアルタイムで見ることができる。これにより駐車中の自車状況や、駐車場の混雑状況を見ることができるという。

他にもタイムズドコモタワーサイドでは、おサイフケータイで飲み物が買える「Edy対応 自動販売機」と「Cmode対応自動販売機」を合計3基設置。入庫した時に受け取る駐車券には携帯電話のカメラで読み取るとタイムズのサイトに接続する二次元バーコード「QRコード」が印刷されている。パーク24では、タイムズドコモタワーサイドで様々なケータイ連携サービスを試し、今後の駐車場IT化への布石にしたいという。
《神尾寿》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース