携帯電話に気をとられている間にクルマが…81歳死亡

27日、三重県名張市内で、81歳の女性が坂道を後退してきた乗用車にはねられる事故が起きた。女性は頭を強打し、事故から約12時間後に死亡した。警察ではクルマを運転していた61歳の男性から事情を聞いている。

自動車 社会 社会
27日、三重県名張市内で、女性が坂道を後退してきた乗用車にはねられる事故が起きた。女性は頭を強打しており、事故から約12時間後に死亡した。警察ではクルマを運転していた61歳の男性から業務上過失致死容疑で事情を聞いている。

三重県警・名張署によると、事故が起きたのは27日の午前11時30分ごろ。名張市桔梗が丘三番町付近の市道で、近くを住む81歳の女性が歩いていたところ、坂道を後退してきた乗用車にはねられた。

女性は転倒した際に後頭部を強打。すぐに近くの病院に収容されたが、事故から約12時間後に死亡している。

警察ではクルマを運転していた61歳の男性から業務上過失致死容疑で事情を聞いている。男性は取り調べにたいして「携帯電話の応対に気を取られ、クルマが勝手に後退を始めたことに気づくのが遅れた」などと話しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 78歳運転、パニックから衝突繰り返し店舗に突っ込む 画像 78歳運転、パニックから衝突繰り返し店舗に突っ込む
  • 携帯電話を拾おうとしてバスに突っ込む 画像 携帯電話を拾おうとしてバスに突っ込む
  • メールに夢中で横断中の歩行者をひき逃げ 画像 メールに夢中で横断中の歩行者をひき逃げ
  • 携帯電話要因の死亡事故で、小学校教諭が懲戒免職 画像 携帯電話要因の死亡事故で、小学校教諭が懲戒免職
  • 携帯電話に夢中、自転車を跳ね飛ばす 画像 携帯電話に夢中、自転車を跳ね飛ばす

特集