【東京モーターサイクルショー04】BMWといえば…水平対向エンジン

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京モーターサイクルショー04】BMWといえば…水平対向エンジン
  • 【東京モーターサイクルショー04】BMWといえば…水平対向エンジン
  • 【東京モーターサイクルショー04】BMWといえば…水平対向エンジン
  • 【東京モーターサイクルショー04】BMWといえば…水平対向エンジン
  • 【東京モーターサイクルショー04】BMWといえば…水平対向エンジン
  • 【東京モーターサイクルショー04】BMWといえば…水平対向エンジン
  • 【東京モーターサイクルショー04】BMWといえば…水平対向エンジン
フラットツイン(水平対向2気筒エンジン)はBMWの代名詞。バイク乗りの間では常識である。

歴史ある名機フラットツインを搭載した『Rシリーズ』は、長年の熟成を経て、現在も主力エンジンとして販売の約6割を担っている。性能では直列4気筒の『Kシリーズ』、経済性では単気筒の『Fシリーズ』にかなわないにもかかわらず、だ。

もっとも廉価なFシリーズはもっとも売れていいはず。『スカーバー』や『ダカール』など、魅力的なモデルも次々リリースされている。

しかし実際に売れるのはRシリーズなのだという。「やはり趣味の乗り物ですから、BMWならではの味を求めるのでしょう」と分析するのは、BMWディーラーの株式会社丸富オート販売 青木正志店長。

「どうせ買うならBMWらしいものを」というのが客心理のようだ。
《》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース