日本興亜損害保険『クルマックス』の内容拡充

自動車 ビジネス 企業動向
日本興亜損害保険は、6月1日から自動車保険の主力商品『クルマックス』などの商品内容を拡充すると発表した。

クルマックスは、運転者年齢区分を現在の「全年齢」「21才以上」「26才以上」「30才以上」の4区分に、新たに「35才以上」を加える。事故率の低い35才以上を別区分にすることで、同年代層の顧客の満足度向上と新規顧客の開拓につなげる。

このほか「人身傷害補償保険」の内容を拡充し、自動車以外の交通事故(自転車の横転や駅改札内での転倒など)による怪我も補償の対象にした。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集