愛知トヨタグループが401kの導入を発表

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ系の大手ディーラー愛知トヨタはグループ企業15社が加入する愛知トヨタ厚生年金基金を解散して、確定拠出型年金制度(401k)を導入すると発表した。

ディーラーでは、静岡三菱自動車販売が昨年10月、401kを導入しているが、愛知トヨタの規模を持つ大手ディーラーで導入するのは初めて。愛知トヨタでは、企業年金制度を取り巻く環境が厳しく、企業業績や財務状態にも悪影響を及ぼすケースも出てきたため、401kの導入を決めた。

厚生労働省から厚生年金基金の解散の認可と新制度導入の承認を受けた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集