GMがミシガンに新工場

自動車 ビジネス 企業動向
米GM(ゼネラルモーターズ)はこのほど、ミシガン州の「ランジング・デルタタウンシップ工場」の起工式を行ったと発表した。プレスから最終組み立てまでを行う新鋭の一貫生産工場となる。

GMは、ランジングおよびデルタタウン地区が優遇税制を実施していることから、ミシガン州の新たな生産拠点として投資を拡大している。2000年末には同地区に「グランドリバー工場」も稼働させており、今回が2番目の組み立て工場となる。

新工場はプレスから溶接、塗装、組み立てまでの一貫工場で11億ドルを投資する。今年後半から部分稼働し、全体の稼働は06年から。生産能力などは明かにしていないが、約2500人が従事する予定。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集