ナンパ断られ逆上? 通学中の女子高校生、重傷

3日朝、埼玉県鳩山町内の町道で、併走するクルマの車内から声を掛けてきた男を無視した16歳の女子高校生が、このクルマにはねられて負傷するという事件が起きた。警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始している。

自動車 社会 社会
3日朝、埼玉県鳩山町内の町道で、併走するクルマの車内から声を掛けてきた男を無視した16歳の女子高校生が、このクルマにはねられて負傷するという事件が起きた。警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始している。

埼玉県警・西入間署の調べによると、事件が起きたのは3日の午前8時30分から40分に掛けての間とみられている。鳩山町大豆戸の町道で16歳の女子高校生が顔から血を流して倒れているのを、現場を通りがかった男性が発見。消防に通報を行った。

この女子高校生が乗っていたとみられる自転車は数メートル手前の側溝に前部などが破損した状態で落下していたことから、当初は側溝に誤って落下してケガをしたのではないかとみられていた。

しかし、この女子高校生は駆けつけた救急隊員に対し、「自転車と併走するように走ってきたクルマに乗った男から“遊びに行かないか”と声を掛けられた。無視して走っていたら、突然横からそのクルマが突っ込んできた」と、途切れながらも供述した。

女子高校生はあごの骨などを折っており、自力での身動きが取れない状態だったこともあり、救急隊員は「自転車で転倒したにしては負傷の度合いが大きすぎる」と判断。事件性ありということで警察にも通報を行った。

警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始。女子高校生の回復を待ち、当時の状況をさらに詳しく聞くとしている。

ナンパに失敗した若者が、相手女性に危害を加えるという事件は最近増加する傾向にあり、警察でも「その可能性がまったく無いとは言えない状況にある」として、慎重に調べを進める方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集