密造軽油だから無資格輸送---男3人を逮捕

静岡県警は3日、危険物取り扱いの資格を有していないにも関わらず、大量の軽油を輸送していたとして藤枝市内にある軽油専門のスタンドの所長ら男3人を消防法違反容疑で逮捕した。警察では姿を消した経営者の行方も追っている。

自動車 社会 社会
静岡県警は3日、危険物取り扱いの資格を有していないにも関わらず、大量の軽油を輸送していたとして藤枝市内にある軽油専門のスタンドの所長ら男3人を消防法違反容疑で逮捕した。警察では姿を消した経営者の行方も追っている。

静岡県警・藤枝署によると、消防法違反容疑で摘発・逮捕されたのは藤枝市下当馬付近で営業する軽油専門スタンドの59歳所長と、輸送を担当していた男2人の合わせて3人。

調べによると、この3人は軽油などの可燃物輸送に必要な危険物取扱者を有していないにも関わらず、約2年間に渡って大量の軽油を客先などに向けて輸送していた疑いがもたれている。

この店は大型車向けに軽油のみを販売していたが、仕入れルートについては定かではなく、警察では灯油を原材料として密造した不正軽油を販売していた可能性が高いとみて、無今回逮捕した男たちを厳しく追及する方針だ。

また、このスタンドの実質的な経営者とみられる男は捜査前に姿を消しており、警察では逃走ルートの洗い出しを全力で進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集