マイナスでもトップ、VWの粘り腰……2月輸入車販売

自動車 ビジネス 企業動向
マイナスでもトップ、VWの粘り腰……2月輸入車販売
  • マイナスでもトップ、VWの粘り腰……2月輸入車販売
日本自動車輸入組合が発表した2月の車名別輸入車新規登録台数によると、トップはVW(フォルクスワーゲン)で、2カ月連続首位だった。販売台数は前年同月比7.5%減の4492台と落ち込んだ。主力モデルの『ゴルフ』がモデル末期で、2カ月連続でマイナスだった。

2位はメルセデスベンツ。『Eクラス』や『Cクラス』の販売が順調で、同1.9%増の3518台だったが、トップに及ばなかった。3位はBMWで同12.5%増の2545台だった。

4位はトヨタで前年実績の約4倍の2144台。5位はボルボ、6位がホンダで、7位には『A4』などが好調なアウディがランクインした。8位はBMWグループ『MINI』で、『206』シリーズなどの販売が低迷しているプジョーは9位、10位がクライスラーだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集