【インプレ'04】森慶太 トヨタ『アベンシス』 呆れるほどに高いシャシー性能

試乗記 国産車

【インプレ'04】森慶太 トヨタ『アベンシス』 呆れるほどに高いシャシー性能
  • 【インプレ'04】森慶太 トヨタ『アベンシス』 呆れるほどに高いシャシー性能
シャシーのゲンカイはトンでもなく高い。だからといって感動的でも楽しくもないが、少なくとも強烈な異様さはある。どこまで攻めてもクルマは平然。途中でイヤになる。

空間設計も、感動的というほどではないがマジメはマジメ。明らかに日本車離れして良好な前席掛け心地はちょっと感心。コンサバなスタイリングはあえて狙った路線。でも退屈。

プレミオ/アリオンよりは濃い内装の質感、および見た目。プレミオ/アリオンに載っていてもフシギはないエンジンとAT(ともに日本から輸出される)。乗っていてアタマがボーッとしてくる音環境は要改善。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


森 慶太|モータージャーナリスト
絶対的な速さやブランドや国籍はどーでもE。それと、スポーツカーとかミニバンとかのジャンル分けや下取りの有利不利も。よしあしの判断基準は「クルマとしてマトモか、マトモでないか」のただそれいっこ。ヨロシクね。
《森慶太》

特集