ホンダ、国内売上台数見通しを下方修正…73万5000台

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ、国内売上台数見通しを下方修正…73万5000台
  • ホンダ、国内売上台数見通しを下方修正…73万5000台
  • ホンダ、国内売上台数見通しを下方修正…73万5000台
  • ホンダ、国内売上台数見通しを下方修正…73万5000台
ホンダは30日、2003年度の国内の四輪車売上台数(出荷台数)見通しを73万5000台に引き下げた。前年度実績にくらべると、13.5%のマイナスになる。

国内販売台数見通しは、昨年10月28日の中間決算発表時に、76万5000台に下方修正していた。しかし、10−12月の売上台数実績も、前年同期に比べ12.4%減と、持ち直しが見られなかったことから、さらに3万台の下方修正となった。

新型『オデッセイ』や、同『ライフ』の販売は好調なものの、『フィット』など既存車の落ち込み幅が、予想以上に大きかったという。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集