逆走車を避けようと? 大型トラック8台が多重衝突

自動車 社会 社会

14日未明、静岡県御殿場市内の国道246号線で、急停止した大型トラックに後続車7台が追突。合計8台が絡む多重衝突事故となった。この事故で前から6台目のトラックを運転していた40歳の男性が全身を強く打って死亡したほか、4人が重軽傷を負った。

静岡県警・御殿場署の調べによると、事故が起きたのは14日の午前4時ごろだという。御殿場市萩原付近の国道246号線の上り線で車列の先頭を走っていた大型トラックが急ブレーキを掛けて停車したところ、後続の大型トラックなど7台がこれを避けきれずに次々と追突した。合計8台が関係する多重衝突事故に発展した。

この事故で前から6台目のトラックを運転していた40歳の男性が収容先の病院で全身打撲と外傷性ショックが原因で午前7時ごろに死亡。他のトラックのドライバー4人も足の骨を折るなどして重軽傷を負った。

警察では先頭のトラックを運転していた男性から急ブレーキを使用した理由について事情を聞いているが、この男性は「下り線側から上り線へ逸脱して逆走していたRVとの衝突を避けるために急ブレーキを掛けた。RVはこちらのトラックの鼻先をかすめるようにして逃げた」などと話しているという。

警察ではこのRVが事故を引き起こす原因になった可能性が高いとして、他の目撃者がいないかどうかを探す方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集