オートサロン帰り? 東名でクラッシュ---4人死傷

自動車 社会 社会

11日午後、東京都町田市内の東名高速道下り線で、強引な追い越しを行おうとしたクルマを回避しようとした後続車が運転を誤り、中央分離帯に激突するという事故を起こした。

この事故で乗っていた4人が車外に投げ出され、2人が死亡、2人が重傷を負った。警察では事故を起こしたクルマの前に割り込みを行い、そのまま逃走したクルマの行方を追っている。

神奈川県警・高速隊の調べによると、事故が起きたのは11日の午後5時45分ごろだという。東京都町田市鶴間付近の東名高速下り線で、追越車線を走っていた39歳男性の運転する乗用車の前に、走行車線を走っていた別の乗用車が強引に割り込んだ。

男性のクルマは急ブレーキを掛けて回避しようとしたが、中央分離帯に車体の一部が接触。そのまま縁石に乗り上げる形で横転した。クルマは少なくとも数度に渡って転がり、乗っていた4人が次々に車外へ投げ出された。

この事故で運転していた男性と、同乗していた34歳の男性が全身を強く打って死亡。他の同乗者2人も重傷を負った。

目撃者の話では、追越車線へ車線変更したクルマは故意に車間を詰め、直前で割り込みを行っており、そのまま走り去ったという。また、2台のクルマは互いに競争していたという情報もあり、警察では確認を急いでいる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集