日産ディーゼル、ディーゼル規制特需で黒字転換

自動車 ビジネス 企業動向
日産ディーゼル、ディーゼル規制特需で黒字転換
  • 日産ディーゼル、ディーゼル規制特需で黒字転換
日産ディーゼル工業が発表した2003年第1四半期の業績の概況によると、連結の営業損益が前年同期の8億3800万円の赤字から、一転して33億9500万円の大幅増益になった。

売上高は前年同期比19.9%増の936億900万円と大幅増収となった。首都圏のディーゼル規制による特需で、新車販売が好調に推移したのが主因だ。新車販売台数は国内が同68.3%増の3705台と急増した。日産向けも同20.4%増の9560台だった。海外の新車販売も好調だった。

経常損益も20億5700万円の赤字から23億3600万円の黒字に転換した。これで、有利子負債残高は3813億円にまで下がった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース