改造費用に行き詰って…。店舗荒らしのドレスアップ族

埼玉県警は18日、自分のクルマをドレスアップする資金欲しさに関東の1都4県で店舗荒らしを繰り返していた男11人を、窃盗容疑や建造物侵入容疑で逮捕したことを明らかにした。被害総額は推定で6000万円を超えているとみられる。

自動車 社会 社会
埼玉県警は18日、自分のクルマをドレスアップする資金欲しさに関東の1都4県で店舗荒らしを繰り返していた男11人を窃盗容疑や建造物侵入容疑で逮捕したことを明らかにした。被害総額は推定で6000万円を超えているとみられる。

埼玉県警・捜査3課の調べによると、今回逮捕された11人は自分の所有するクルマを改造して楽しむ「ドレスアップ族」の仲間だという。主犯格となった26歳の男を中心に、クルマの改造を行っていたが、改造費に行き詰まったため、その資金を得るために店舗侵入を繰り返していた。

犯行当初はカー用品店などに侵入し、自分のクルマに装着するオーディオ類やエアロパーツ、タイヤホイールなどを盗んでいたが、犯行は次第にエスカレート。換金性の高いゲームソフトや釣具なども盗み、これらを転売することで資金を得ていた。

取り調べに対し、この11人は「最初は改造に使うパーツを直接盗んでいたが、徐々に金銭目的にエスカレートした」などと供述しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集