次回の衆院選は“高速道路選挙”!? ---民主党が検討中の公約

自動車 社会 社会

民主党が次期衆院選挙の党公約として、『高速道路通行料の無料化』を打ち出すことを検討していることが明らかになった。年間約2兆円の通行料収入がなくなるが、これを新設の『自動車保有税』(乗用車1台年間5000円、営業車10万円)でまかなう方針という。公団の債務返済用として、国債も発行する方針。

民主党はこれにより、最終的な国民負担は新税による負担増を考慮しても現行方式の半額程度で済む、としている。自民党からは『荒唐無稽』との批判も出そうだが、高速道路に対する国民の不信と不満は水面下でマグマのように溜まっている。

とくに小泉政権による公団民営化が、与党道路族や道路官僚によって骨抜きにされかかっている現状で、これが一気に吹き出せば、民主党が国民の支持を大きく伸ばし、永田町を揺るがすことも考えられそうだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集