パトカーに体当たりを繰り返した恐るべき13歳少年

自動車 社会 社会

奈良県警は22日、盗難車でパトカーとのカーチェイスを6kmに渡って繰り広げた13歳の少年を道路交通法違反や公務執行妨害の現行犯で逮捕したことを明らかにした。14歳以下であることから釈放し、少年法の規定に基づいて児童相談所に通告した。

奈良県警・生駒署の調べによると、事件が起きたのは22日の午前0時15分ごろ。同署のパトカーが生駒市内をパトロールしていたところ、フラフラと走る軽トラックを発見した。飲酒運転の疑いもあることから、マイクで停止するように呼び掛けた。ところがクルマはスピードを上げ、奈良市内に向けて逃走を開始した。

生駒署員は応援のパトカー派遣を要請。奈良市内に到達する頃には合計3台のパトカーに周囲を囲まれる状態となったが、その間は体当りを繰り返す抵抗をみせた。カーチェイスはおよそ6kmに渡って繰り広げられたが、最終的には進路を阻まれて停止させられた。

容疑車両を運転していたのは、なんと13歳の少年。生駒署は道路交通法違反と公務執行妨害の現行犯で逮捕したが、少年法の規定により14歳以下には刑事罰が適用できないため釈放。同日午前に管轄の児童相談所に通告した。

少年が運転していた軽トラックは京都府城陽市で盗まれたものと判明したが、同署での取り調べの際に少年は「貰ったクルマだ」と供述しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集