トヨタ、今年もストックオプションを実施へ

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は、ストックオプション(新株予約権)として上限230万株発行すると発表した。8日開催の取締役会で決議、6月26日に開催する定時株主総会で提案、決議する予定だ。

ストックオプションは同社及び関係会社の取締役、常務委員、従業員に割り当てる。権利行使期間は2005年8月1日から2009年7月31日まで。

トヨタは昨年も上限220万株のストックオプション発行を決議しており、業績アップによる株価アップで、役員や従業員にキャピタルゲインを分け与える戦略だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集