航空機メーカーの“豪華戦闘機”---ブリストル『ファイター』

自動車 ニューモデル 新型車

航空機メーカーの“豪華戦闘機”---ブリストル『ファイター』
  • 航空機メーカーの“豪華戦闘機”---ブリストル『ファイター』
  • 航空機メーカーの“豪華戦闘機”---ブリストル『ファイター』
  • 航空機メーカーの“豪華戦闘機”---ブリストル『ファイター』
  • 航空機メーカーの“豪華戦闘機”---ブリストル『ファイター』
  • 航空機メーカーの“豪華戦闘機”---ブリストル『ファイター』
  • 航空機メーカーの“豪華戦闘機”---ブリストル『ファイター』
航空機メーカーをルーツにもつイギリスのスペシャリスト、ブリストルが1日、ラグジャリー・スポーツカー『ファイター』を発表・発売した。8.0リットルV10エンジンを搭載、最高速度は335km/h、0-60マイル/h(96km/h)加速は約4秒という性能と、ガルウィングドア、レザーシートを備える。

スタイリングは空力効率を第一に考えられた。「まさに形態は機能に従う」とメーカー関係者は語る。同社のサルーンと同じく室内はラグジャリーで、身長195cmのドライバーが大陸横断ドライブに乗って行くことができるという。ラゲージはそのために充分な容量があり、ゴルフバッグで言えば2個を積める。

自社開発という8.0リットルV10エンジンはフロントミッドに位置し、駆動する後輪に52%のウェイトがかかる。最高出力は525bhpとされているが、高速走行時には車体の空力特性によって過給効果が得られて出力はさらにアップするそうだ。ピークトルクは714Nm=72.8kgm。やはり自社開発の6MTは1速で96km/hに達し、160km/h巡行が6速・2450rpmで可能だという。アジャスタブル・トラクションコントロールが標準設定。

燃費は7.0km/リットルと発表された。燃料タンク容量は105リットルあるので航続は700kmを超える。オプションで130リットルタンクも選べる。

車体は箱形断面のスチール製サイドメンバー、スチール製クロスメンバー、アルミニウム製ハニカム構造フロア、アルミニウム製トーショナル・バルクヘッドの組み合わせ。インナー・ストラクチャーもアルミニウム製、外板もアルミニウム製で、こちらは手作業で形成される。ドアとテールゲートは炭素繊維製だ。キャビンは鋼管でロールオーバー構造&セイフティ・ケージが構成されている。車重は1475kg。

サスペンションは前後ともフル・インデペンデント、ダブルウィッシュボーン。ブレーキは前後ともベンチレーテッド・ディスク。

ベースプライスは19万5000ポンド=約3700万円。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集