トヨタ、ロシアでの合弁生産を検討

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は、将来の有望市場と期待されるロシアでの自動車生産の検討に入った。現地企業との合弁生産の可能性を探る。トヨタは昨年、販売会社「トヨタロシア」を設立して営業のテコ入れを図り、前年の約2倍に相当する8100台を販売、輸入車では4位にランクされている。

ロシアの乗用車市場は、2002年で約150万台と、同じ新興市場である中国とほぼ同じ規模。所得の向上とともに、今後のモータリーゼーション進展が期待されている。外国勢ではすでに米GM(ゼネラルモーターズ)やフォードモーター、独BMW、韓国・現代自動車などがロシア企業と合弁生産を行っている。

トヨタのロシア合弁が実現すれば、同社の欧州生産拠点は英国、フランス、ポルトガル、チェコ(05年生産開始予定)に次いで5番目となる。トヨタは欧州全域での販売強化に乗り出しており、02年は前年比13%増の75万5600台を販売、6年連続で最高記録を更新している。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集