マツダの03年3月期連結純利益は2.7倍に

自動車 ビジネス 企業動向

マツダの03年3月期連結純利益は2.7倍に
  • マツダの03年3月期連結純利益は2.7倍に
マツダは25日、2003年3月期および今期の連結決算見通しを発表した。03年3月期は新型『デミオ』などの貢献により出荷台数が前期比7%増の101万7000台と好調で、売上高は13%増の2兆3645億円と2桁増収となる。経常利益は2.1倍の407億円、純利益は2.7倍の241億円の見込み。

一方、04年3月期は5月に発売する『RX-8』の出足が世界的に好調なことなどから出荷は前期比3.5%増の105万3000台を見込んでいる。売上高は2%増の2兆4200億円を予想。また経常利益は40%増の570億円、純利益は24%増の300億円の見通しとなっている。

昨年就任したルイス・ブース社長は、03年3月期を「実行、達成そして成長の年」と位置づけてきたが、再建に向けてまずは無難なスタートを切った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集