デンソー、独ロバートボッシュと合併会社設立

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
デンソーと独ロバートボッシュは14日、カーナビ用のLSIなどを開発する新会社「アドバンスト・ドライバーインフォメーション・テクノロジー」を合弁で設立することで合意した、と発表した。

新会社は、ボッシュの100%出資子会社でカーオーディオやカーナビを生産するブラウプンクト社と、デンソーがそれぞれ50%ずつ出資し、資本金 1 億円で5月に設立する。本社は愛知県刈谷市のデンソー本社内に置き、ブラウプンクト社内にドイツオフィスを設置する。カーナビ・マルチメディア用のLSIの開発を行うほか、マルチメディア対応ソフトの開発、地図データフォーマットの研究などを行う。

デンソーは、現在、世界で450万台のカーナビ市場が2005年に約600万台に拡大するとみており、新会社の売り上げは、07年度に約27億円に達すると見こんでいる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集