クラリオン、米ビステオンにCDチェンジャーを納入

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

クラリオンは、米国大手部品メーカーのビステオン・コーポレーションに、次世代車載用インダッシュ式6枚CDオートチェンジャーを来春からOEM(相手先ブランドによる生産)納入する、と発表した。

納入が決まったCDオートチェンジャーは、20車種以上に採用される予定で、04年からの3年間で合計180万台の納入を予定している。クラリオンは1990年からカセットデッキやCDといったカーオーディオ機器を、ビステオンに供給してきた。今回、05年モデルとして、新規商品について、契約が成立した。

ビステオンは世界25カ国に180以上の技術開発・生産・販売・サービス拠点を持つグローバルな自動車部品サプライヤーで、世界の大手自動車メーカーに対し、幅広い分野の部品を供給している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集