【ジャガー『XJ』写真蔵】メカニズムがよくわかる

新型ジャガー『XJ』の車体は、量産モデルとしては初の、リベット接合と接着剤を併用したアルミニウム・モノコックボディ構造。航空宇宙産業のテクノロジ−を応用することで従来モデル比40%の軽量化と、60%の剛性向上を図った。このような軽量かつ強靭なアルミボディが、総合的な品質・性能の向上をもたらし、特に走行性能と操舵性が飛躍的に進化した。

自動車 ニューモデル 新型車

編集部おすすめのニュース

特集