「110番できるものならやってみろ」で逮捕……交通トラブルの末

自動車 社会 社会

北海道警は2日、自分のクルマが追い越されたことに腹を立て、このクルマを追跡し、ドライバーから金銭を脅し取ろうとした51歳の暴力団幹部の男を恐喝未遂の現行犯で逮捕したことを明らかにした。

北海道警・釧路署の調べによると、この男は2日の午前6時ごろ、釧路市共栄大通付近の市道を走行中、自分のクルマが後続のクルマに追い越され、前方に割り込まれたことに腹を立て、このクルマを執拗に追跡。クラクションを連打するなどの嫌がらせをした末にこのクルマを強引に停止させた。男は運転していた37歳男性が着ていた服の襟首をつかみ、「どうして俺のクルマを抜く。カネを出せ」と脅した。

男性が激怒する男に対して「警察を呼びますよ」と言ったところ、男は「110番できるものならやってみろ。ただじゃおかないぞ」などと脅し続けた。男性はそのまま携帯電話で110番通報を行い、男は駆けつけた警察官に恐喝未遂の現行犯で逮捕された。

警察の調べに対し、男は「本当に通報されるとは思わなかった」と供述しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集