【ジャガー『XJ』上陸】160km/hで車高が低くなる!

自動車 ニューモデル 新型車

【ジャガー『XJ』上陸】160km/hで車高が低くなる!
  • 【ジャガー『XJ』上陸】160km/hで車高が低くなる!
  • 【ジャガー『XJ』上陸】160km/hで車高が低くなる!
  • 【ジャガー『XJ』上陸】160km/hで車高が低くなる!
  • 【ジャガー『XJ』上陸】160km/hで車高が低くなる!
新型『XJ』シリーズのサスペンションシステムは、ダブルウィッシュボーンと独立型サブフレームをフロントとリアに新設計した。このエアサスペンションは全車種に標準装備する。

あらゆるコンディション下で走りの洗練性を高めるCATS(コンピューター・アクティブ・テクノロジー・サスペンション)によって、2種類の減衰力をリアルタイムで、スムーズに切り替える。サスには、軽量素材を大幅に採用、軽量高剛性ボディと組み合わせて最適な設計にした。

従来の伝統的なコイルスプリングサスペンションに対して乗り心地の快適性、洗練性の点で大幅に進化したと、している。いかなる荷重状況でも最適で心地よい乗り心地を実現、バンプや路面の不整に出会った時でも確実にサスペンションストロークをフルに使える。

このシステムは車両の四隅に車高センサーが備わっており、車高データはリアトランク内の電子制御モジュールに送られ、制限条件の無い路面では車速が160km/hに達すると車高が自動的に15mm低くなる。空力の効率が高まり、高速クルージング時のスタビライザーや燃費が向上する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集