GM、戦時インセンティブ導入へ……イラク戦争長期化か

自動車 ビジネス 企業動向

GMでは4月1日から、さらにパワーアップしたインセンティブ(販売促進策)を開始した。今回のインセンティブは9月11日の同時多発テロの直後に導入されたものを上回る規模になるという。その内容は、5年間の0%金利ローンまたは3000ドルのリベートをほとんどすべての乗用車、トラック、SUVに適用するというもの。

「9月11日」のあとでのインセンティブでは3年間の0%金利で、5年ローンは古いモデルにしか適用されなかったから、比べてみると力の入れ方が違う。またこの3月までのインセンティブでは3年0%ローンまたは2000ドルのリベートだが適用されるモデルが制限されていた。今回適用外となるのはハマー、キャデラック、サーブ、サターンのみ。

フォードでは現行のインセンティブが4月2日までとなっており、今週中にもGMに負けないインセンティブが打ち出される可能性が高い。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集