アムラックストヨタ社長に加藤・前トヨタ広報部長……異例の人事

トヨタ自動車の加藤裕明広報部長(社内呼称は広報部副部長)が4月1日付でアムラックストヨタの社長に就任した。後任は広報部主査の中井昌幸氏が広報部副部長(社内呼称)として着任した。ところが、加藤氏は広報部主査(部長待遇)のままアムラックストヨタに出向する形となっており、歴代広報部長経験者では異例の人事となった。

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ自動車の加藤裕明広報部長(社内呼称は広報部副部長)が4月1日付でアムラックストヨタの社長に就任した。ところが、加藤氏は広報部主査(部長待遇)のままアムラックストヨタに出向する形となっており、歴代広報部長経験者では異例の人事となった。

アムラックトヨタはアムラックス東京や「MEGA WEB」などを運営している。トヨタは、「レクサス店」の導入など国内販売網の再編やモータースポーツ事業の強化に取り組んでおり、情報発信機能としてのアムラックスの役割は一段と高まる。今回の人事も、幅広い人脈をもつ加藤氏を広報部に“温存”、アムラックスと広報部の連携を強化する狙いと見られる。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集