アルコール濃度0.75ミリグラム!! 泥酔タクシーは営業中だった

警視庁は6日、呼気1リットル中のアルコール濃度0.75ミリグラムという泥酔状態で運転を行っていたタクシー運転手を道路交通法違反(酒酔い運転)で逮捕していたことを明らかにした。右折レーンから強引に左折するという無謀運転が逮捕のきっかけ。

自動車 社会 社会
警視庁は6日、呼気1リットル中のアルコール濃度0.75ミリグラムという泥酔状態で運転を行っていたタクシー運転手の男を道路交通法違反(酒酔い運転)で逮捕していたことを明らかにした。右折レーンから強引に左折するという無謀運転を行ったところをパトロール中の警察官に発見されたことが逮捕のきっかけとなった。

警視庁・第五方面交通機動隊の調べによると、この運転手は5日の午前1時ごろ、東京都港区新橋の都道交差点で、右折レーンを進行してきたタクシーが強引に“左折”するのをパトロール中の隊員が発見。パトカーで追跡して停止を求めた。

運転手の息が酒臭かったため、アルコール濃度の検査を行ったところ、呼気1リットル中のアルコール濃度が0.75ミリグラムだったことが判明。言動もあやふやだったため、道路交通法違反(酒酔い運転)の現行犯で逮捕した。当時このタクシーに乗客は乗っていなかったが、驚くことに営業中だったという。

警察の調べによると、この運転手は4日の午前8時から勤務についていたが、同日の午後4時ごろからコンビニエンスストアで買った500ミリリットル入りの酎ハイを飲み始め、逮捕直前までに5本(合計2.5リットル)を水代わりに飲んでいたらしい。

昨年はバス運転手による飲酒運転が相次いだが、警察では「まさかタクシー運転手まで飲んでいるとは…」とショックを隠せない様子。
《石田真一》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース