セナ裁判が再開へ…ウィリアムズ側は驚きながらも全面協力

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
セナ裁判が再開へ…ウィリアムズ側は驚きながらも全面協力
  • セナ裁判が再開へ…ウィリアムズ側は驚きながらも全面協力
1994年5月1日イモラでの事故により命を落とした伝説のブラジル人ドライバー、アイルトン・セナ。

その原因を巡って争われた裁判では97年、99年と2度に渡り当時ウィリアムズの責任者であったフランク・ウィリアムズ代表、テクニカル・ディレクターのパトリック・ヘッド、デザイナーのエイドリアン・ニューウィーらに無罪判決が下されていた。

しかしこのたびイタリアの最高裁は審議に「重大な過失があった」との理由から、法定代理人リナルド・ロッシーニ氏の要求を認め、異例とも言える判決取り消し及び審議やりなおしを命じた。ウィリアムズ側は再審理との決定に驚いているとしながらも、裁判への全面協力をするとしている。

●なんなんだ?! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け。自動車業界のトレンドをウォッチング!---
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース