デラロサがアーバインと決別宣言「残留して欲しくない」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

デラロサがアーバインと決別宣言「残留して欲しくない」
  • デラロサがアーバインと決別宣言「残留して欲しくない」
  • デラロサがアーバインと決別宣言「残留して欲しくない」
シーズン終了後、母国スペインのラジオ番組に出演したジャガーのペドロ・デラロサが、チームメイトであるエディ・アーバインを大批判。

シーズン当初からあまりうまくいっていなかったという2人の関係は、シーズンを経るごとに険悪になり、最終戦が終わっても目も合わさなかったという。デラロサはそんなチームメイトに対し、2003年はチームに残留して欲しくないと語った。

「今シーズン最も最悪だったのはアーバインと一緒に仕事をしなければならなかったことだ。物事がうまく進んでいるときは彼もハッピーなんだが、いったん悪くなると彼はものすごく気むずかしくなる。そういうときこそ団結が必要なのにもかかわらず!」

「でも僕は決断を下す立場にないし、それはニキ・ラウダの仕事。どうなるかわからないけど、僕は個人的に彼にはジャガーに残留して欲しくない」とデラロサは悪化したチームメートとの関係を正直に吐露したという。

●東京モーターショー開幕近付く!! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け!! 重大ニュースの見落としがこれでなくなります。---
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品