【リコール】アルミは加工が難しい---日産ディーゼル・トラクタ燃料漏れ

自動車 社会 行政

日産ディーゼル工業は10日、大型トラクタのアルミ製燃料タンク搭載車に不具合があるとして国土交通省にリコールを届け出た。昨年9月〜11月に生産された20型式、162台が対象。

これらの車両では、タンク固定部品とタンクが接触したり、タンク自体の強度不足により燃料が漏れるおそれがある。これまでの不具合発生件数はゼロ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集