逃げるから追う? 追うから逃げる? パトカーに追跡されたバイクが事故

自動車 社会 社会

26日未明、栃木県宇都宮市の市道交差点で、栃木県警のパトカーに追跡されていたバイクがタクシーと衝突。乗っていた15歳と16歳の少女が右足骨折などの重軽傷を負った。バイクを運転していた16歳少女は無免許で、信号無視をこのパトカーに見つかって逃走している最中だった。

事故が起きたのは26日の午前1時ごろで、年末警戒のために巡回していた栃木県警交通機動隊のパトカーが、信号無視をして国道交差点を走り去る二人乗りの原付バイクを発見。サイレンを鳴らしながら追跡を開始した。バイクはその後も猛スピードで走り抜け、追跡してくるパトカーから逃れようとしたが、発見地点から900メートルほど離れたところにある市道交差点に信号無視のまま飛び込んだところ、右から来たタクシーと衝突した。この事故でバイクを運転していた16歳少女が右足の大たい骨を折る大けが、同乗していた15歳少女が衝突で投げ出された際に打撲などの軽傷を負った。二人とも免許を所持しておらず、しかもヘルメットも着用していなかった。

警察では「パトカーの追跡行動に無理はなく、バイク側の信号無視が事故の原因」としている。この日は暴走族対策のため、主要道路に交通機動隊のパトカーを配置して警戒していたという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集