不当取り締まり「ウソ」に負けない想定問答集

モータースポーツ/エンタメ 出版物

不当取り締まり「ウソ」に負けない想定問答集
  • 不当取り締まり「ウソ」に負けない想定問答集
週刊プレイボーイ』12月18日号
税込み価格290円 発行:集英社

「年末年始警察の不当交通取り締まりとこう戦え」/「ビンラディンクビ史上最高30億円を獲れ」/世界最凶!?「ボカ・サポーター、トーキョーをゆく!」/「裏DVD女の子が悦ぶ名場面はこれだ!」/「中根かすみ“女らしく?胸もまた大きくなっちゃいました”」……(目次より)

えっ? 『六法全書』が最強カーグッズ?! 今週の週刊プレイボーイは「年末年始警察の不当取締りとこう闘え。−『ウソに負けない想定問答集』−」と題し、記者の体験にもとづいた、現場警官と渡り合う対処術がみどころ。なんとドーンと巻頭特集にもってきているチカラの入れようなのだ。

年末といえば、交通警察にとってノルマ取締りの帳尻合わせの季節。というわけで、必然的に強引・無理、そして理不尽な取締りが横行しがちだ。そんな時、気をつけなければならないのが、ドライバーの無知に付け込んだウソ。

『免許提示・提出は義務です』
『キップへのサインは義務です』
『免許を見せなければ(サインをしなければ)帰さないぞ』

そんなウソにどう対処すればいいのか? 法律的には何が正しいのか? 週刊プレイボーイがズバリと教えてくれる。また同号では2週前の号で速報した「謎の3連監視端末」の続報もお届けしているのでこちらも要チェックだ。
《》