部品メーカーとその関連会社がカート場新設

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

クラッチ部品メーカー大手の小倉クラッチと、その筆頭株主である第一共栄ビル(東京都港区。社長:小倉康宏、小倉クラッチ副社長を兼任)は、群馬県赤堀町にカートレース場を開設。15日にオープンする。

同レース場の名称は「カートランドORC」。敷地面積は約1万6500平方メートル、コース全長は675m、最大直線長は170mの本格的カートコースとなっている。

同コースは、イタリアン・レストラン「カフェ・ド・バルボン」を併設している。青少年の健全育成と地域の活性化、カート愛好者の拡大が狙いだ。
《》

編集部おすすめのニュース