自動車重量税の一般財源化が一歩後退

自動車 社会 社会

政府は来年度の予算編成方針で、自動車重量税の一般財源化に関する記述を削除する方針だ。

重量税は法律上、一般税だが、慣例で道路特定財源に組み込まれており、小泉首相が一般財源化の検討を指示していた。「道路を作らないなら税率を下げるべき」(JAF調査)と主張するドライバーにとっては朗報だが、減税が決まったわけではなく、自動車税負担の軽減への道のりはなおも険しそうだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集