矢野経済研究所に関するニュースまとめ一覧

次世代モビリティ国内市場、2030年に1万1200台と予測 矢野経済研究所 画像
自動車 ニューモデル

次世代モビリティ国内市場、2030年に1万1200台と予測 矢野経済研究所

矢野経済研究所は、次世代モビリティ市場を調査し、2030年までの次世代モビリティの国内販売台数予測を公表した。

自動車内装用加飾フィルムの市場規模は減少傾向、CASE対応などが課題 矢野経済調べ 画像
自動車 ビジネス

自動車内装用加飾フィルムの市場規模は減少傾向、CASE対応などが課題 矢野経済調べ

矢野経済研究所は1月17日、北米、欧州、中国、日本の世界主要4地域における自動車内外装用加飾フィルムの市場を調査、その結果を公表した。

次世代電池世界市場、2030年には20倍以上の1兆4940億円に 矢野経済予測 画像
自動車 ビジネス

次世代電池世界市場、2030年には20倍以上の1兆4940億円に 矢野経済予測

矢野経済研究所は、2018年から2030年にかけての次世代電池世界市場を調査し、種類別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

次世代車世界市場、拡大時期は2025~30年頃 矢野経済予測 画像
自動車 ビジネス

次世代車世界市場、拡大時期は2025~30年頃 矢野経済予測

矢野経済研究所は次世代車(xEV)世界市場の調査を実施し、市場概況、個別メーカーの事業戦略を明らかにし、2030年までの世界の自動車新車販売台数および次世代車に搭載される主要9分野別機器/コンポーネントについて予測した。

自動車用樹脂世界市場、2030年は37.3%増の1396万8000トンに拡大 矢野経済調べ 画像
自動車 ビジネス

自動車用樹脂世界市場、2030年は37.3%増の1396万8000トンに拡大 矢野経済調べ

矢野経済研究所は12月6日、世界の自動車用樹脂市場を調査し、樹脂別・自動車部位別の需要動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

リチウムイオン電池主要4部材市場---2022年に334億ドルと予測 矢野経済 画像
エコカー

リチウムイオン電池主要4部材市場---2022年に334億ドルと予測 矢野経済

矢野経済研究所は12月2日、リチウムイオン電池主要4部材の世界市場を調査し、車載用などのリチウムイオン電池セル用途や主要4部材の出荷動向、国別の設備投資、部材価格の動向などを発表した。

LiB主要4部材の世界市場、中国メーカーは補助金政策終了で今後苦戦も 矢野経済調べ 画像
自動車 ビジネス

LiB主要4部材の世界市場、中国メーカーは補助金政策終了で今後苦戦も 矢野経済調べ

矢野経済研究所は、リチウムイオン電池(LiB)主要4部材の世界市場を調査し、民生小型機器用や車載用などのLiBセル用途や主要4部材の出荷動向、国別の設備投資や部材価格の動向などを明らかにした。

中国のADAS・自動運転センサー市場、2030年に1.8兆円規模に拡大 矢野経済研究所が予測 画像
自動車 ビジネス

中国のADAS・自動運転センサー市場、2030年に1.8兆円規模に拡大 矢野経済研究所が予測

矢野経済研究所は、2030年までの中国のADAS(先進運転支援システム)/自動運転用センサー市場の予測を発表した(5日)。

2023年車載用ディスプレイ世界市場、21.3%増の2億0198万枚に成長 矢野経済調べ 画像
自動車 ビジネス

2023年車載用ディスプレイ世界市場、21.3%増の2億0198万枚に成長 矢野経済調べ

矢野経済研究所は、車載用ディスプレイ世界市場の調査を実施。2023年の同市場は2018年比21.3%増の2億0198万枚に成長すると予測した。

2018年自動車アフターマーケット市場規模、微増の19兆6490億円 矢野経済調べ 画像
自動車 ビジネス

2018年自動車アフターマーケット市場規模、微増の19兆6490億円 矢野経済調べ

矢野経済研究所は、2018年の自動車アフターマーケット市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

ラストワンマイル物流市場、2020年度に2兆円超を予測 矢野経済研究所 画像
自動車 ニューモデル

ラストワンマイル物流市場、2020年度に2兆円超を予測 矢野経済研究所

矢野経済研究所は、ラストワンマイル物流市場を調査し、分野別の物流スキームと動向、参入企業の動向、将来展望をまとめた。

自動車内装用パウダースラッシュコンパウンド、市場規模は4万5000トン 2018年、矢野経済調べ 画像
自動車 ビジネス

自動車内装用パウダースラッシュコンパウンド、市場規模は4万5000トン 2018年、矢野経済調べ

矢野経済研究所は、自動車内装用高触感材料を調査し、パウダースラッシュコンパウンド市場の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

エンプラ世界市場、2023年まで年3.51%で成長続く 矢野経済調べ 画像
自動車 ビジネス

エンプラ世界市場、2023年まで年3.51%で成長続く 矢野経済調べ

矢野経済研究所は、2018年のエンプラ(エンジニアリングプラスチック)世界市場の調査を実施。幅広い用途で需要は拡大し、2018年から2023年までの年平均成長率は3.51%と予測した。

豊田通商など、自動車の樹脂リサイクル実証事業は最終段階 ユーザー負担軽減を目指す 画像
自動車 ビジネス

豊田通商など、自動車の樹脂リサイクル実証事業は最終段階 ユーザー負担軽減を目指す

豊田通商と矢野経済研究所、いそのの3社は、2017年度より共同で実施している自動車の樹脂リサイクル実証事業について、4月より最終年度となる3年目の実証事業を開始したと発表した。

ADAS 自動運転システム搭載車、2030年に8249万9000台と予測 矢野経済研究所 画像
自動車 テクノロジー

ADAS 自動運転システム搭載車、2030年に8249万9000台と予測 矢野経済研究所

矢野経済研究所は5月8日、ADAS(先進運転支援システム)/自動運転システムの世界市場の調査を実施し、2030年までの新車におけるADAS/自動運転システムの世界市場規模を予測した。

国内のMaaS市場、2030年に6兆3600億円に成長を予測 矢野経済研究所 画像
自動車 ニューモデル

国内のMaaS市場、2030年に6兆3600億円に成長を予測 矢野経済研究所

矢野経済研究所は2月22日、国内MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)市場の調査結果を発表した。

サプライヤーの顔ぶれが変わってきている…矢野経済研究所 賀川勝氏[インタビュー] 画像
自動車 テクノロジー

サプライヤーの顔ぶれが変わってきている…矢野経済研究所 賀川勝氏[インタビュー]

スマートフォンをクルマのキーとして使う「スマートロック」市場が立ち上がりつつある。矢野経済研究所で移動体通信・エレクトロニクス市場を担当する賀川勝(かがわ すぐる)上級研究員に聞いた。

二輪車の世界生産台数、2025年は3割増の7400万台 EVバイクは6.7倍増の170万台 画像
モーターサイクル

二輪車の世界生産台数、2025年は3割増の7400万台 EVバイクは6.7倍増の170万台

矢野経済研究所は、二輪車の世界市場の調査を実施、2025年二輪車の世界生産台数は2017年比29.4%増の7417万5000台、うち電動バイクは6.7倍増の170万2000台まで成長すると予測した。

2021年車載用ディスプレイ世界市場、1億9199万枚に成長 矢野経済調べ 画像
自動車 ビジネス

2021年車載用ディスプレイ世界市場、1億9199万枚に成長 矢野経済調べ

矢野経済研究所は、車載用ディスプレイ世界市場の調査を実施。2021年の同市場は2017年比29.1%増の1億9199万枚に成長すると予測した。

2017年車載用LiB世界市場、電動化促進で前年比23.1%増 矢野経済調べ 画像
エコカー

2017年車載用LiB世界市場、電動化促進で前年比23.1%増 矢野経済調べ

矢野経済研究所は、車載用リチウムイオン電池(LiB)世界市場の調査を実施。2017年の同市場は前年比23.1%の57.4GWhだった。

リチウムイオン電池主要4部材の世界市場、2020年に280億ドルと予想 矢野経済研究所 画像
エコカー

リチウムイオン電池主要4部材の世界市場、2020年に280億ドルと予想 矢野経済研究所

矢野経済研究所は、リチウムイオン電池主要4部材の世界市場を調査し、結果を発表した。

位置・地図情報関連国内市場、2017年度から上昇カーブ 矢野経済予測 画像
自動車 ビジネス

位置・地図情報関連国内市場、2017年度から上昇カーブ 矢野経済予測

矢野経済研究所は、国内の位置・地図情報関連市場の調査を実施。2018年度の同市場を前年度比24.2%増の934億円と予測した。

国内シェアリングエコノミー、2022年度に1386億円…最大はカーシェア、伸び率はシェアサイクル 矢野経済研究所が予測 画像
自動車 ビジネス

国内シェアリングエコノミー、2022年度に1386億円…最大はカーシェア、伸び率はシェアサイクル 矢野経済研究所が予測

矢野経済研究所は、シェアリングエコノミー(共有経済)サービス市場の調査結果を発表した。2017年度の国内シェアリングエコノミーサービス市場(事業者売上高ベース)は、前年度比32.8%増の716億6000万円と高い伸び率となった。

48Vマイルドハイブリッド市場、2030年に1530万台と予測 画像
エコカー

48Vマイルドハイブリッド市場、2030年に1530万台と予測

矢野経済研究所は、「48Vマイルドハイブリッドシステム世界市場」の調査結果をまとめた。

豊田通商など、自動車の樹脂リサイクル実証事業は第2段階へ ユーザー負担軽減を目指す 画像
自動車 ビジネス

豊田通商など、自動車の樹脂リサイクル実証事業は第2段階へ ユーザー負担軽減を目指す

豊田通商と矢野経済研究所、いそのの3社は、2017年度より共同で実施している自動車の樹脂リサイクル実証事業について、8月末より第2段階の実証を開始したと発表した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 …10 ・・・> 次
Page 1 of 10