トヨタ クラウンに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
トヨタ自動車
Yahoo!検索大賞でトヨタ『クラウン』新型がプロダクト3位 2022年 画像
自動車 ニューモデル

Yahoo!検索大賞でトヨタ『クラウン』新型がプロダクト3位 2022年

ヤフーは12月5日、「Yahoo!検索大賞2022」を発表した。「トヨタ クラウン」が「プロダクトカテゴリー」の3位にランクインし、自動車の最上位となった。自動車は「プロダクトカテゴリー」に6車種がランクインした。

【トヨタ クラウン RS】名実ともに「フラッグシップ」、最上級に相応しい新ハイブリッド[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

【トヨタ クラウン RS】名実ともに「フラッグシップ」、最上級に相応しい新ハイブリッド[詳細画像]

多くの新車が発表された2022年だが、中でもトップクラスの注目を集めた日本車といえば、トヨタの新型『クラウン』だろう。徐々に街中を走る機会も増えてきた本車、その最上級グレード「RS」を撮り下ろし画像と共にご紹介する。

クラウンやフェアレディZなど、ブリッツのスロコン&スマスロに4車種を追加 画像
自動車 ビジネス

クラウンやフェアレディZなど、ブリッツのスロコン&スマスロに4車種を追加

チューニングパーツメーカーのBLITZが販売するスロットコントローラー製品「Thro Con(スロコン)」「Sma Thro(スマスロ)」に、トヨタ『クラウン・クロスオーバー』、日産『フェアレディZ』用などが追加された。

2022年のイヤーカーは日産『サクラ』と三菱『eKクロスEV』…日本自動車殿堂表彰式 画像
自動車 ニューモデル

2022年のイヤーカーは日産『サクラ』と三菱『eKクロスEV』…日本自動車殿堂表彰式

2022-2023日本自動車殿堂イヤー賞は日産『サクラ』と三菱『eKクロスEV』が受賞。その表彰式が開催された。

【トヨタ クラウン 新型試乗】名前は「クロスオーバー」だが、これは姿を変えたセダンだ …中村孝仁 画像
試乗記

【トヨタ クラウン 新型試乗】名前は「クロスオーバー」だが、これは姿を変えたセダンだ …中村孝仁

実は、隠れ『クラウン』ファンである。それもだいぶ前から。そのさらに前は大嫌いなクルマだったのに、歳をとるにしたがってその良さがわかってきたような気がする。

新型クラウンにカヤバのスウィングバルブが採用 画像
自動車 ニューモデル

新型クラウンにカヤバのスウィングバルブが採用

カヤバ(KYB)が開発した極微低速のスウィング・バルブを搭載したショックアブソーバーが、トヨタ自動車の新型「クラウン・クロスオーバー」に採用された。カヤバが11月9日に発表した。

日産 サクラ/三菱 eKクロスEV、2022-2023日本自動車殿堂カーオブザイヤー受賞 画像
自動車 ニューモデル

日産 サクラ/三菱 eKクロスEV、2022-2023日本自動車殿堂カーオブザイヤー受賞

日本自動車殿堂は11月8日、2022~2023年のイヤー賞4賞を発表。日産『サクラ』/三菱『eKクロスEV』およびその開発グループが「日本自動車殿堂カーオブザイヤー(国産乗用車)」に選ばれた。

【2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー】上位10モデルが決定!今年は異例の“11ベストカー”に 画像
自動車 ニューモデル

【2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー】上位10モデルが決定!今年は異例の“11ベストカー”に

「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を決める第1次選考の結果が11月4日に発表され、全48ノミネートの中から、今年もっとも優れた上位10モデル「10ベストカー」が選出された。今年は10位が同票だったため異例の“11ベストカー”となっている。

【トヨタ クラウン RS 新型試乗】その走りだけは“守旧派”も認めざるをえない…中村孝仁 画像
試乗記

【トヨタ クラウン RS 新型試乗】その走りだけは“守旧派”も認めざるをえない…中村孝仁

これが新しいクラウンかよ?という言わば守旧派と、これいいじゃない!という革新派の2極に意見が大きく分かれるであろう新しいクラウン。その最大の理由はスタイルにある。

トヨタ クラウン新型、2種類のハイブリッド設定…2023年前半に米国発売予定 画像
自動車 ニューモデル

トヨタ クラウン新型、2種類のハイブリッド設定…2023年前半に米国発売予定

◆2.4リットルターボの「HYBRID MAX」は340hp ◆2.5リットルのハイブリッドは自然吸気エンジン ◆12.3インチのタッチスクリーンが付くマルチメディアシステム

トヨタ クラウン新型、340馬力ハイブリッド搭載…2023年米国発売へ 画像
自動車 ニューモデル

トヨタ クラウン新型、340馬力ハイブリッド搭載…2023年米国発売へ

トヨタ自動車の米国部門は10月25日、クロスオーバー車の新型『クラウン』(Toyota Crown)を2023年前半、米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は3万9950ドル(約593万円)だ。

代官山T-SITEで新型クラウンを体感、開発責任者らトークショーも 10月21-23日 画像
自動車 ニューモデル

代官山T-SITEで新型クラウンを体感、開発責任者らトークショーも 10月21-23日

トヨタ自動車は、『クラウン』新型の魅力を多角的に紹介する期間限定ポップアップギャラリー「DISCOVER YOUR CROWN. THE ROAD SHOW.」を10月21日から23日の3日間、代官山T-SITEで開催する。

【トヨタ クラウン 新型試乗】見た目は?高級感は? 新型をまだ評価すべきではない理由…九島辰也 画像
試乗記

【トヨタ クラウン 新型試乗】見た目は?高級感は? 新型をまだ評価すべきではない理由…九島辰也

新型『クラウン』のクロスオーバーを走らせた。エクステリアデザインを見る限り写真ではやり過ぎ感があったが、実車を目前にすると悪くない。スタイリッシュなフォルムはシンプルに仕上がっていて好印象。けっしてデコラティブなものではなかった。

クラウン用が販売開始! テインがフルスペック車高調「RX1」に適合追加 画像
自動車 ビジネス

クラウン用が販売開始! テインがフルスペック車高調「RX1」に適合追加

サスペンションの専門メーカー・テインが、ハイドロ・バンプ・ストッパー搭載フルスペック車高調「RX1(アールエックス ワン)」の適合車種ラインナップにトヨタ『クラウン』(RS ADVANCE)用を追加、販売が開始された。

昭和を感じるイラスト仕立ての初代&2代目『クラウン』に心温まる【懐かしのカーカタログ】 画像
モータースポーツ/エンタメ

昭和を感じるイラスト仕立ての初代&2代目『クラウン』に心温まる【懐かしのカーカタログ】

ことクルマに限らず、昭和30年代頃までのカタログや広告では、イラスト仕立てのものが多く見られた。精緻なうえ、イラストならではの趣は、今見ても夢が膨らみ、眺めているだけで心温まる。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 31