トヨタ クラウンに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
トヨタ自動車 THS トヨタ ハイブリッドシステム
モデリスタ、クラウン特別仕様車 S スポーツスタイル用カスタマイズアイテムを発売 画像
自動車 ニューモデル

モデリスタ、クラウン特別仕様車 S スポーツスタイル用カスタマイズアイテムを発売

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、クラウン特別仕様車「S スポーツスタイル」の発売に伴い、モデリスタブランドから特別仕様車に合わせたカスタマイズアイテムをラインアップし、全国のクラウン取扱販売店、モデリスタ店を通じて10月2日に発売した。

トヨタ クラウン、スポーツテイストを高めた特別仕様車を発売 画像
自動車 ニューモデル

トヨタ クラウン、スポーツテイストを高めた特別仕様車を発売

トヨタ自動車は、『クラウン』の「S(2.0リットルターボ/2.5リットルハイブリッド・FR)」および「S Four(2.5リットルハイブリッド・4WD)」をベースに、内外装のスポーツテイストを高めた特別仕様車「スポーツスタイル」を設定し、10月2日より販売を開始した。

トヨタ、プリウス など2万2000台をリコール ブレーキ不具合で制動距離が伸びるおそれ 画像
自動車 テクノロジー

トヨタ、プリウス など2万2000台をリコール ブレーキ不具合で制動距離が伸びるおそれ

トヨタ自動車は7月24日、『プリウス』など13車種2万2431台について、ブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

トヨタ クラウン、クォーターガラスのモールディングが脱落するおそれ 9000台をリコール 画像
自動車 テクノロジー

トヨタ クラウン、クォーターガラスのモールディングが脱落するおそれ 9000台をリコール

トヨタ自動車は7月17日、『クラウン』のクォータウィンドウガラスに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2018年5月16日~8月10日に製造された9688台。

トヨタ クラウン、内外装の上質感を高めた特別仕様車「エレガンススタイル」を設定 画像
自動車 ニューモデル

トヨタ クラウン、内外装の上質感を高めた特別仕様車「エレガンススタイル」を設定

トヨタ自動車は、『クラウン』の「S(2.0リットルガソリン車、2.5リットルハイブリッド車)」および「S Four(2.5リットルハイブリッド車)」をベースに内外装の上質感を高めた特別仕様車「エレガンススタイル」を設定し、7月8日より販売を開始した。

200系クラウン覆面パトカーが1/18スケールで登場…限定400台 画像
自動車 ビジネス

200系クラウン覆面パトカーが1/18スケールで登場…限定400台

ヒコセブンは、オリジナルブランド「RAI'S」の新製品として、レジン製1/18スケール「トヨタ『クラウン』(GRS202)2011警察本部交通部交通覆面車両(銀)」を400台限定で発売、6月5日より予約受付を開始する。

トヨタ紡織、高耐衝撃軽量発泡ドアトリムで自動車技術会賞を受賞---クラウン に採用 画像
自動車 テクノロジー

トヨタ紡織、高耐衝撃軽量発泡ドアトリムで自動車技術会賞を受賞---クラウン に採用

トヨタ紡織は5月22日、自動車技術会が主催する「第69回自動車技術会賞」の技術開発賞を受賞したと発表した。

『ニシノクラウン』登場、キンコン西野亮廣と2万2000人が描いた「革新性」---その理由 画像
自動車 ビジネス

『ニシノクラウン』登場、キンコン西野亮廣と2万2000人が描いた「革新性」---その理由

トヨタ『クラウン』をこれまでのフィルターやイメージで見ている人は、ためいきつくほどの落胆や、痛みをともなうショックや衝撃を受けるかもしれない。でもこの『ニシノクラウン』が、いま流のクラウンで、トヨタが描く「クラウンの革新性」そのものを表してるんだとか。

【連載・エンジニア視点】トヨタ クラウン 秋山晃チーフエンジニアが語る「重責と挑戦」 画像
自動車 ビジネス

【連載・エンジニア視点】トヨタ クラウン 秋山晃チーフエンジニアが語る「重責と挑戦」

モータージャーナリスト御堀直嗣氏による連載インタビュー企画「エンジニア視点」では、エンジニアたちの言葉、想いから、未来のクルマの姿を解き明かしていく。第一弾は、昨年登場した新型トヨタ『クラウン』の秋山晃チーフエンジニアだ。

クラウン のコネクティッドサービスを評価…西村直人【日本カーオブザイヤー2018-19】 画像
自動車 ビジネス

クラウン のコネクティッドサービスを評価…西村直人【日本カーオブザイヤー2018-19】

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」にはボルボ『XC40』が選ばれた。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の西村直人氏はトヨタ『クラウン』に満点の10点を投じた。

基本性能を追い求めた クラウン…木下隆之【日本カーオブザイヤー2018-19】 画像
自動車 ビジネス

基本性能を追い求めた クラウン…木下隆之【日本カーオブザイヤー2018-19】

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」では、ボルボ『XC40』が“今年を代表する1台”に決まった。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の木下隆之氏はトヨタ『クラウン』に満点の10点を投じた。

クラウン は明らかに競合他車と違う…御堀直嗣【日本カーオブザイヤー2018-19】 画像
自動車 ビジネス

クラウン は明らかに競合他車と違う…御堀直嗣【日本カーオブザイヤー2018-19】

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」では、ボルボ『XC40』が“今年を代表する1台”に決まった。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の御堀直嗣氏はトヨタ『クラウン』に満点の10点を投じた。

あまり迷うことなく クラウン…岡本幸一郎【日本カーオブザイヤー2018-19】 画像
自動車 ビジネス

あまり迷うことなく クラウン…岡本幸一郎【日本カーオブザイヤー2018-19】

その年を象徴する何かを持ったクルマを選んできたが……。「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」では、ボルボ『XC40』が“今年の1台”に決まった。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の岡本幸一郎氏はトヨタ『クラウン』に満点の10点を投じた。

日本の道を知っているのは クラウン…高山正寛【日本カーオブザイヤー2018-19】 画像
自動車 ビジネス

日本の道を知っているのは クラウン…高山正寛【日本カーオブザイヤー2018-19】

トヨタ『クラウン』新型はクラウンを再定義した……。「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」の最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、ボルボ『XC40』が“今年の1台”に決まった。選考委員でモータージャーナリストの高山正寛氏はクラウンに10点を投じた。

【日本カーオブザイヤー2018-19】今年のクルマは?10ベスト試乗会で各社の意気込みを聞いた 画像
自動車 ビジネス

【日本カーオブザイヤー2018-19】今年のクルマは?10ベスト試乗会で各社の意気込みを聞いた

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下COTY)の最終選考会に進む上位9台の「9ベストカー」が選出され、選考委員を対象に試乗会が開催された。そこで、各メーカーやインポーターの担当者等にそのモデルの概要とCOTYにかける意気込みを聞いた。

トヨタ クラウン、長時間点灯でヘッドライトが暗くなるおそれ リコール 画像
自動車 テクノロジー

トヨタ クラウン、長時間点灯でヘッドライトが暗くなるおそれ リコール

トヨタ自動車は10月10日、『クラウン』のヘッドライトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2012年12月13日~2015年9月18日に製造された4654台。

【トヨタ クラウン 新型試乗】輸入プレミアム系にも負けない乗り心地は評価したい…丸山誠 画像
試乗記

【トヨタ クラウン 新型試乗】輸入プレミアム系にも負けない乗り心地は評価したい…丸山誠

トヨタ『クラウン』は1955年に誕生。日本の高級車をけん引してきたモデルといって過言ではない。だが国内でレスサスブランドを展開してから、その立ち位置は微妙に変化。15代目の新型クラウンは、初代コネクティッドカーとして登場した。

トヨタ クラウン 新型のコネクティッド機能をぜんぶ解説 画像
自動車 テクノロジー

トヨタ クラウン 新型のコネクティッド機能をぜんぶ解説

「コネクティッドカー」あるいは「コネクテッドカー」という言葉が、最近よく聞かれるようになった。自動車業界内のキーワードとしてだけではなく、新聞やテレビなど、ふだん目にするマスメディアでも時おり取り上げられている。

ADAS車両を使いこなす楽しみ---トヨタ クラウン 新型で探ってみた 画像
自動車 ニューモデル

ADAS車両を使いこなす楽しみ---トヨタ クラウン 新型で探ってみた

軽自動車にも衝突被害軽減ブレーキが標準装備される時代、いわゆるADAS(高度安全運転支援システム)は特段珍しいものではなくなった。性能も安定してきた今、積極的に使うためのコツがある。また、足りない機能はなにか。そんな視点でチェックしてみた。

【トヨタ クラウン 新型試乗】すっきりした走り、素性のよさを味わえる「RS」…島崎七生人 画像
試乗記

【トヨタ クラウン 新型試乗】すっきりした走り、素性のよさを味わえる「RS」…島崎七生人

“復権”が命題だったという。現実問題として販売台数を戻し、もはや外来種ではなくなったドイツ勢に対し存在感をアピールし直すことは『クラウン』の伝統を守るために必要不可欠な姿勢、という訳だ。はたしてその成果は?

【トヨタ クラウン 新型試乗】クルマは若返ったが果たしてユーザーは…諸星陽一 画像
試乗記

【トヨタ クラウン 新型試乗】クルマは若返ったが果たしてユーザーは…諸星陽一

15代目となる新型『クラウン』。あまりに長い歴史はユーザーの年齢層を押し上げ、今やその平均年齢は70歳を超えるという。今回のフルモデルチェンジは、ユーザー層の若返りという大きな役割もになっている。

新型 クラウン、早くもフルエアロ&パフォーマンスダンパー設定のTRD仕様が登場 画像
試乗記

新型 クラウン、早くもフルエアロ&パフォーマンスダンパー設定のTRD仕様が登場

今年6月26日にフルモデルチェンジを遂げた15代目トヨタ『クラウン』のTRD仕様が早くも登場。モデル発表前から開発に取り組めるワークスならではのハヤワザモデルに試乗した。

批判もバネに、「ドルガバ」をまとった新型 クラウン の挑戦…清水和夫 画像
自動車 ニューモデル

批判もバネに、「ドルガバ」をまとった新型 クラウン の挑戦…清水和夫

サッカーのW杯が終わって、なんだか寂しい気がする。前評判は高くなかったが、大健闘したサムライ・ニッポンのキャプテンを努めた長谷部選手が帰国後のインタビューで語った言葉が印象的だった。

【トヨタ クラウン 新型試乗】「Gエグゼクティブ」実質これが新型マジェスタだ…中村孝仁 画像
試乗記

【トヨタ クラウン 新型試乗】「Gエグゼクティブ」実質これが新型マジェスタだ…中村孝仁

3サイズ、全長4910×全幅1800×全高1455mmである。全幅1800mmというところがミソで、今となってはCセグメントのハッチバック車ですら、『クラウン』の全幅を超えるものがいくつもある。

新型 クラウン は「2つのトラウマ」を乗り越えたのか…ベンツへの挑戦【千葉匠の独断デザイン】 画像
自動車 ニューモデル

新型 クラウン は「2つのトラウマ」を乗り越えたのか…ベンツへの挑戦【千葉匠の独断デザイン】

1955年に始まったトヨタ『クラウン』の歴史には、デザイン視点で2つのトラウマがある。ひとつは「クジラ・クラウン」と揶揄された4代目(1971~74年)だ。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 15