藤井真治のフォーカス・オンに関するニュースまとめ一覧

オンライン自動車販売は“アフターコロナ”で加速するか?【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ビジネス

オンライン自動車販売は“アフターコロナ”で加速するか?【藤井真治のフォーカス・オン】

新型コロナウイルスの世界的な猛威は、世界中の医療や社会、国際政治のバランスだけでなく、産業構造やビジネスモデル自体を変えてしまうほどすさまじい。

「岩盤規制の国」日本にグラブがついに上陸、その真の狙いは?【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ビジネス

「岩盤規制の国」日本にグラブがついに上陸、その真の狙いは?【藤井真治のフォーカス・オン】

東南アジアでの配車アプリの巨人「グラブ(Grab)」がついに日本上陸を果たした。当面東南アジアから日本に来た観光客を対象とし、現地でダウンロードし使用しているグラブアプリでそのまま日本のタクシーが呼べるサービスを始める。

「電動キックボード」は日本で普及するのか? 東南アジアでは一進一退【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ニューモデル

「電動キックボード」は日本で普及するのか? 東南アジアでは一進一退【藤井真治のフォーカス・オン】

東京モーターショーでも試乗スペースが設けられちょっとした人気コーナーになっていた「電動キックボード」。日本に先駆け欧米や東南アジアではすでに普及が進んでいる乗り物だ。

トヨタの国内販売リフォーム、部品・用品販売会社も一本化へ…そのねらいは【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ビジネス

トヨタの国内販売リフォーム、部品・用品販売会社も一本化へ…そのねらいは【藤井真治のフォーカス・オン】

◆トヨタは新車販売チャネル一本化に続き、部品用品販売会社を一本化。 ◆33社の販売会社は全国一つに統一され従業員9300人の大組織が出来上がる。 ◆ねらいは一兆円規模の部品用品物流の構造改革による労働力不足などへの対応。

トヨタは本当にインドネシアをEVの開発拠点にするのか?[インドネシアの自動車業界事情] 画像
自動車 ビジネス

トヨタは本当にインドネシアをEVの開発拠点にするのか?[インドネシアの自動車業界事情]

急速にすすむIT社会、中間所得層の急激な拡大に伴い東南アジアではスタートアップ企業の活動が凄まじい。

トヨタ スターレットにダイハツ デルタ、アジアの街角で活躍する昭和の足【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ビジネス

トヨタ スターレットにダイハツ デルタ、アジアの街角で活躍する昭和の足【藤井真治のフォーカス・オン】

日本では元号が変わり令和になったが、東南アジアではまだまだ「昭和の日本車」が現役でバリバリ活躍している。シリーズ第3段では、懐かしの4台を紹介する。

サイは投げられた…それでも難航するトヨタディーラー網のモデルチェンジ【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ビジネス

サイは投げられた…それでも難航するトヨタディーラー網のモデルチェンジ【藤井真治のフォーカス・オン】

トヨタは東京の直営店に続き各道府県でも系列の統合を加速させているが、地場資本の調整は難航中だ。

日本のタクシーはジャパンタクシーだらけになるのか?【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ビジネス

日本のタクシーはジャパンタクシーだらけになるのか?【藤井真治のフォーカス・オン】

東京都内ではトヨタの『ジャパンタクシー(JPN TAXI)』の存在感がハンパではない。2020年のオリンピック・パラリンピックを控え、ピカピカの新車で海外のお客様のお迎え準備は万端といったところだ。

インドネシア初の地下鉄が開業、渋滞問題の救世主となるか【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
鉄道

インドネシア初の地下鉄が開業、渋滞問題の救世主となるか【藤井真治のフォーカス・オン】

日本のODAによる建設されたインドネシア初の地下鉄がジャカルタで開業。 世界最悪と言われている渋滞解消と既に普及しているGo-jekや Grabなど新モビリティサービスとの連携が期待されている。

初代ジムニーにクレスタ…「令和」目前でも、昭和が生きているアジアの街角【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ビジネス

初代ジムニーにクレスタ…「令和」目前でも、昭和が生きているアジアの街角【藤井真治のフォーカス・オン】

4月1日に新元号「令和」が発表され、ますます遠くなってしまった「昭和」。しかしながら日本で元気なシニアが活躍しているように、東南アジアでは 40年選手の「昭和の名車」がまだ現役でバリバリと活躍しているのである。

トランプ大統領の自動車政策で困るのはメーカーではない【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ビジネス

トランプ大統領の自動車政策で困るのはメーカーではない【藤井真治のフォーカス・オン】

貿易赤字解消と国内雇用増大をスローガンとするトランプ米大統領は、アメリカに輸入されるクルマをヤリ玉にあげている。

トヨタ・日産・ホンダ、世界戦略の違いをデータから読み解く【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ビジネス

トヨタ・日産・ホンダ、世界戦略の違いをデータから読み解く【藤井真治のフォーカス・オン】

◆トヨタ、日産、ホンダが国内市場で戦っていた時代と今 ◆トヨタに課せられた日本国内での生産規模 ◆世界2大市場の中国とアメリカの位置づけは

インドネシアで本格化する日産と三菱のアライアンス【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ビジネス

インドネシアで本格化する日産と三菱のアライアンス【藤井真治のフォーカス・オン】

◆インドネシアで日産が三菱のヒットモデルの姉妹車「リヴィナ」発売 ◆ASEAN最大の市場で低迷する日産にとって期待は大きい ◆今後東南アジア全域で新たな日産、三菱のアライアンスがあるか注目

「シェアサイクル」は環境インフラかベンチャービジネスか?【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ビジネス

「シェアサイクル」は環境インフラかベンチャービジネスか?【藤井真治のフォーカス・オン】

東京都内の区役所や公園、コンビニの駐車場などで赤いアシスト付き自転車をよく見かけるようになった。

配車アプリ「グラブ」躍進で浮き彫りになる、日本の「聖域」【藤井真治のフォーカス・オン】 画像
自動車 ビジネス

配車アプリ「グラブ」躍進で浮き彫りになる、日本の「聖域」【藤井真治のフォーカス・オン】

「モビリティサービス」や「MaaS」が流行の言葉のようになっている。新しいビジネスが生まれ人々の移動がより便利で快適で低コストになっていく。モビリティに大きな変革が来る。自動車業界を超えた大きな夢と期待が膨らんでいるようだ。

    1 2 3 > 次
Page 1 of 3