WILLER TRAINS 京都丹後鉄道に関するニュースまとめ一覧(2 ページ目)

関連インデックス
WILLER(ウィラー・グループ)
京都丹後鉄道も「貨客混載列車」運行へ…農産品を道の駅へ 6月1日から 画像
鉄道

京都丹後鉄道も「貨客混載列車」運行へ…農産品を道の駅へ 6月1日から

国土交通省は5月15日、WILLER TRAINS(ウィラー・トレインズ)などが申請していた旅客列車への貨物の積載(貨客混載輸送)を総合効率化計画として認定したと発表した。道の駅への農産品輸送を列車に切り替える。

西日本中心に大雪で鉄道各線運休 画像
鉄道

西日本中心に大雪で鉄道各線運休

1月23日からの大雪の影響により、中国地方を中心に各地の鉄道路線で列車の運転見合わせが続いている。国土交通省の発表によると、1月24日12時時点で6事業者12路線が運転を休止している。施設の被害はないという。

「通勤ライナー」新設や発車時刻統一など…京都丹後鉄道、3月4日ダイヤ改正 画像
鉄道

「通勤ライナー」新設や発車時刻統一など…京都丹後鉄道、3月4日ダイヤ改正

京都府・兵庫県の京都丹後鉄道(丹鉄)を運営するWILLER TRAINS(ウィラー・トレインズ)は1月12日、ダイヤ改正を3月4日に実施すると発表した。快速『通勤ライナー』の新設や、発車時刻の統一化などを行う。

運気上昇する電車? 京都丹後鉄道「丹後の海」編成、2本目が登場 画像
鉄道

運気上昇する電車? 京都丹後鉄道「丹後の海」編成、2本目が登場

WILLER TRAINS、北近畿タンゴ鉄道、京都府は、京都丹後鉄道の特急列車「丹後の海」の2編成目を製作。自由席側に金箔の装飾品を置いた車両は、12月26日から「たんごリレー」「まいづる」「はしだて」などの運用に就く。48枚の写真とともにその変化を比較しよう。

京都丹後鉄道、新しい特急列車を運行へ…「ディスカバリー」を改造 画像
鉄道

京都丹後鉄道、新しい特急列車を運行へ…「ディスカバリー」を改造

京都丹後鉄道(丹鉄)を運営するWILLER TRAINS(ウィラー・トレインズ)と北近畿タンゴ鉄道、京都府の3者は10月30日、「海の京都」をイメージした新しい特急車両「丹後の海」がまもなく登場すると発表した。

京都丹後鉄道、沿線バス各社と連携してフリー切符発売 画像
鉄道

京都丹後鉄道、沿線バス各社と連携してフリー切符発売

京都丹後鉄道(丹鉄)を運営するWILLER TRAINS(ウィラー・トレインズ)と、丹鉄沿線で路線バスを運行する京都交通・全但バス・丹後海陸交通の3社は9月11日、フリー切符「幸福パス」を発売すると発表した。北近畿地区の鉄道と路線バスが3日間、自由に乗り降りできる。

京都丹後鉄道、開業後2週間で約6万人利用…前年比4%増 画像
鉄道

京都丹後鉄道、開業後2週間で約6万人利用…前年比4%増

京都丹後鉄道(丹鉄)を運営するWILLER TRAINS(ウィラー・トレインズ)は4月30日、運行引継ぎ後2週間の利用者が前年同期に比べ4%増えたと発表した。ダイヤ改正で利便性が向上したことや、新たに販売を開始したフリー切符などの企画切符によって利用者が増えたとみられる。

ウィラー初の鉄道路線「京都丹後鉄道」スタート…北近畿タンゴ鉄道の運行引き継ぐ 画像
鉄道

ウィラー初の鉄道路線「京都丹後鉄道」スタート…北近畿タンゴ鉄道の運行引き継ぐ

第三セクター鉄道の北近畿タンゴ鉄道(KTR)が4月1日、「京都丹後鉄道」として新たなスタートを切った。高速バス大手のウィラー・アライアンス子会社のWILLER TRAINSが運行を引き継ぐ上下分離方式での再出発。同日午後から開業式典が開かれ、門出を祝った。

京都丹後鉄道と四日市あすなろう鉄道の実施計画認定…4月1日スタート 画像
鉄道

京都丹後鉄道と四日市あすなろう鉄道の実施計画認定…4月1日スタート

国土交通大臣は3月11日、北近畿タンゴ鉄道(KTR)全線と近畿日本鉄道(近鉄)内部・八王子線の鉄道事業再構築実施計画を認定する。国土交通省が3月10日発表した。いずれも4月1日から上下分離方式の経営体制に移行する。

京都丹後鉄道が掲げる「高次元交通ネットワーク」…新たな地方鉄道のモデルとなるか 画像
鉄道

京都丹後鉄道が掲げる「高次元交通ネットワーク」…新たな地方鉄道のモデルとなるか

4月から「京都丹後鉄道」として現在の北近畿タンゴ鉄道(KTR)の運行を担う予定のWILLER TRAINS(ウィラー・トレインズ)。同社は単に運行を引き継ぐだけでなく、鉄道を基軸とした交通ネットワークの構築とまちづくりの連携で、地域の価値向上を目指すという構想を掲げる。

京都丹後鉄道、開業記念パスや各種企画切符発売へ…テーマは「家族」 画像
鉄道

京都丹後鉄道、開業記念パスや各種企画切符発売へ…テーマは「家族」

4月1日から「京都丹後鉄道」として現在の北近畿タンゴ鉄道(KTR)の運行を担うWILLER TRAINS(ウィラー・トレインズ)。「丹鉄」としてのスタートとともに、新たな企画乗車券を各種発売するほか、開業記念のフリーきっぷも用意する。

北近畿タンゴ鉄道は「京都丹後鉄道」に…WILLER TRAINSが発表 画像
鉄道

北近畿タンゴ鉄道は「京都丹後鉄道」に…WILLER TRAINSが発表

4月1日から北近畿タンゴ鉄道(KTR、京都府)の運行を担う予定のWILLER TRAINS(ウィラー・トレインズ)は1月29日、4月からの鉄道名を「京都丹後鉄道」に変更すると発表した。路線名も宮津線(西舞鶴~豊岡)を「宮舞線」と「宮豊線」の2路線に分ける。

北近畿タンゴ鉄道、ウィラー運行移管で駅名を一部変更へ 画像
鉄道

北近畿タンゴ鉄道、ウィラー運行移管で駅名を一部変更へ

国土交通省は1月13日、北近畿タンゴ鉄道(KTR)とWILLER TRAINS(ウィラー・トレインズ)などが申請している鉄道事業再構築実施計画について、旅客運賃の上限認可手続きに伴う意見聴取の実施を公示した。運行業務の移管に向けた手続きが本格化している。

北近畿タンゴ鉄道、『丹後くろまつ号』のルート・時刻を変更 画像
鉄道

北近畿タンゴ鉄道、『丹後くろまつ号』のルート・時刻を変更

北近畿タンゴ鉄道は11月7日、『丹後くろまつ号』の運行時刻や運行ルートを12月5日から変更すると発表した。

丹後海陸交通、「海の京都」事業にあわせラッピングバスなど運行 画像
鉄道

丹後海陸交通、「海の京都」事業にあわせラッピングバスなど運行

丹後海陸交通は6月25日、丹後半島を中心とした地域で「ぐるっと丹後周遊バス(ぐるたんバス)」を運転すると発表した。天橋立・宮津~伊根間を結ぶ「伊根航路」も31年ぶりに復活。同時に鉄道とバス、航路を組み合わせた割引切符が発売される。

    前 < 1 2 3 > 次
Page 2 of 3