2013年2月のレスポンス試乗記ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

2013年2月のレスポンス試乗記に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
日本自動車工業会(自工会)
【ジャガー XF 3.0 Premium Luxury 試乗】想像以上に豪快な手応え…島崎七生人 画像
試乗記

【ジャガー XF 3.0 Premium Luxury 試乗】想像以上に豪快な手応え…島崎七生人

2013年モデルのジャガーはエンジンを一新。3リットルのエンジンは、V8由来という新規のV6の3リットルスーパーチャージドユニットが新たに搭載された。  

【ポルシェ 911 カレラカブリオレ試乗】凛とした緊張感とときめき…島崎七生人 画像
試乗記

【ポルシェ 911 カレラカブリオレ試乗】凛とした緊張感とときめき…島崎七生人

991型最新『ポルシェ911』で興味深いのは、先代997型に対し、ホイールベースが100mm伸ばされる(トレッドはフロントが45mm拡大、リヤは15mm小さくなった)などし、文字通りフルチェンジが実施された点。

【三菱 アウトランダー PHEV 試乗】地震大国日本で最強の安心保険となる?…青山尚暉 画像
試乗記

【三菱 アウトランダー PHEV 試乗】地震大国日本で最強の安心保険となる?…青山尚暉

SUVとして世界初のプラグインHVが『アウトランダーPHEV』である。

【スズキ ワゴンR 試乗】初心に帰ろう!…金子浩久 画像
試乗記

【スズキ ワゴンR 試乗】初心に帰ろう!…金子浩久

6代目の『ワゴンR』。初代に感激して東京から浜松までワゴンRを運転していって、開発陣にインタビューしたのはもう約20年前。

【VW up! 試乗】 クルマとの付き合い方に革新を…金子浩久 画像
試乗記

【VW up! 試乗】 クルマとの付き合い方に革新を…金子浩久

筋肉質な走りっぷりはドイツ車そのもので、日本の軽自動車やコンパクトカーのようなペナペナで頼りない感じがまったくない。その点においては、兄貴分の『ポロ』や『ゴルフ』に引けを取っていない。

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】フィールはEVそのもの、上質なファミリーカーとして通用する…井元康一郎 画像
試乗記

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】フィールはEVそのもの、上質なファミリーカーとして通用する…井元康一郎

三菱自動車が2013年1月26日に発売したプラグインハイブリッドカー『アウトランダーPHEV』。定格出力60kWの駆動用電気モーターを前後アクスルに1基ずつ配置し、総容量12kWh、推定使用領域8kWh強の大型リチウムイオンバッテリーパックに蓄えた電力で走る。

【VW クロストゥーラン 試乗】SUV感覚の外観デザインとしっかりした走り…松下宏 画像
試乗記

【VW クロストゥーラン 試乗】SUV感覚の外観デザインとしっかりした走り…松下宏

『トゥーラン』は『ゴルフ』のプラットホームをベースに3列シートを備えたミニバン。これにSUV感覚の外観デザインなどを持つモデルが追加され、『クロストゥーラン』と名付けられた。

【VW クロスポロ 試乗】明快な個性を表現した内外装と硬めの乗り心地…松下宏 画像
試乗記

【VW クロスポロ 試乗】明快な個性を表現した内外装と硬めの乗り心地…松下宏

『クロスポロ』はコンパクトカーの『ポロ』をベースにSUV感覚のドレスアップを施したモデル。2010年6月に発売された現行モデルは2代目に当たる。

【プジョー 208 試乗】個性的な3種類の仕様、買いか待ちかが悩ましい…松下宏 画像
試乗記

【プジョー 208 試乗】個性的な3種類の仕様、買いか待ちかが悩ましい…松下宏

プジョー『208』は2012年9月に発表され、12月から発売された。でも最終的に売れ筋グレードになるはずの1.2リッターエンジン+2ペダル仕様や、パワフルなエンジンを搭載したGTIは2013年に追加される予定だ。

【日産 ノート・アクシス 試乗】上質感と世界観は標準車とは別モノ!…島崎七生人 画像
自動車 ニューモデル

【日産 ノート・アクシス 試乗】上質感と世界観は標準車とは別モノ!…島崎七生人

こういうクルマを待っていた!といえる仕様が『ノート』に登場した。オーテックジャパンが手がけたスペシャルモデル『ノート・アクシス』だ。

【マセラティ グラントゥーリズモ スポーツ MCシフト 試乗】五感を魅了する高性能クーペ…島崎七生人 画像
試乗記

【マセラティ グラントゥーリズモ スポーツ MCシフト 試乗】五感を魅了する高性能クーペ…島崎七生人

『マセラティ・グラントゥーリズモ・スポーツMCシフト』が、試乗車の正式名称。グラントゥーリズモの最新モデルで、2座席バケットシートのスパルタンな『MCストラダーレ』に対し、より現実的な4座席の高性能スポーツクーペということになる。

【ボルボ V40 試乗】力強いエンジンとシャープなハンドリング …諸星陽一 画像
試乗記

【ボルボ V40 試乗】力強いエンジンとシャープなハンドリング …諸星陽一

ボルボがコンパクトカーの『V40』をフルモデルチェンジした。Cセグメントなどと呼ばれるこのクラスは、フォルクスワーゲンの『ゴルフ』をはじめベンツ『Aクラス』、BMW『1シリーズ』などがひしめき合う。

【MINI JCWクーペ 試乗】走りも気持ちもピュアでありたい大人へ…島崎七生人 画像
試乗記

【MINI JCWクーペ 試乗】走りも気持ちもピュアでありたい大人へ…島崎七生人

走りも気持ちもピュアでありたい…。そんな想いに応えてくれるのが『MINI JOHN COOPER WORKS COUPE』だ。

【シトロエン C5 試乗】たゆたうような油圧サスペンションの乗り心地…松下宏 画像
試乗記

【シトロエン C5 試乗】たゆたうような油圧サスペンションの乗り心地…松下宏

シトロエン『C5』の現行モデルは2代目で、日本では2008年10月から販売されている。当初はV型6気筒3.0リッター+6速ATと直列4気筒2.0リッター+4速ATの組み合わせを搭載していた。

【クライスラー 300 試乗】高級車らしさを感じさせるインテリア回り…松下宏 画像
試乗記

【クライスラー 300 試乗】高級車らしさを感じさせるインテリア回り…松下宏

クライスラーブランドとして実に4年半振りとなる新型車クライスラー『300』が発売された。フィアット傘下に入ったクライスラーが改めて日本ビジネスに取り組もうという姿勢が明確に示された。

【クライスラー イプシロン 試乗】際立って個性的な内外装デザインと2気筒エンジン…松下宏 画像
試乗記

【クライスラー イプシロン 試乗】際立って個性的な内外装デザインと2気筒エンジン…松下宏

クライスラー『300』と同時に『イプシロン』も新規投入された。イプシロンがクライスラー車と言われると、ン? と思う人がいるかもしれないが、ヨーロッパ大陸ではランチアブランドで販売されるイプシロンも、イギリスと日本ではクライスラーブランドで販売されるという。

【ボルボ V40 試乗】走りもスタイルも磨かれた“Cセグ”の新星…島崎七生人 画像
試乗記

【ボルボ V40 試乗】走りもスタイルも磨かれた“Cセグ”の新星…島崎七生人

競合数多のCセグメントに269万円からの価格設定で登場の『V40』。ドイツ勢に代わるポジションを…と戦闘意欲も満々だ。

【シトロエン DS4 試乗】待望の6AT、その走りはイージーにして機敏…島崎七生人 画像
試乗記

【シトロエン DS4 試乗】待望の6AT、その走りはイージーにして機敏…島崎七生人

個性を主張するシトロエンのDSライン。その中核に位置づけられる『DS4』は、手頃なボディサイズ、実用性を備えた、選びやすいモデルだ。

【アバルト 595コンペティツィオーネ 試乗】すべての手応えがダイレクト!…島崎七生人 画像
試乗記

【アバルト 595コンペティツィオーネ 試乗】すべての手応えがダイレクト!…島崎七生人

新ラインアップの『アバルト595』シリーズ。基本の『アバルト500』シリーズの1.4リットル・インタークーラーターボの135ps/18.4kg-m(スポーツスイッチ使用時は21.0kg-m)に対し、160ps/21.0kg-m(同・23.5kg-m)と、格段に性能を高めた“心臓”を搭載する。

【三菱 デリカD:5 試乗】復活のデリカディーゼル、グイグイトルクが魅力…諸星陽一 画像
試乗記

【三菱 デリカD:5 試乗】復活のデリカディーゼル、グイグイトルクが魅力…諸星陽一

かつて「デリカ」と言えばスターワゴン、スペースギア時代からディーゼルエンジンに高い評価が集まっていた。しかし、規制の関係などからその規模は縮小、現在のD:5では当初から設定されることはなかった。

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】日本のEVはプラグインにシフトしていくのではないか…諸星陽一 画像
試乗記

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】日本のEVはプラグインにシフトしていくのではないか…諸星陽一

『アウトランダーPHEV』は正確には純粋な電気自動車ではなく、エンジンも搭載しているのでハイブリッド車だ。しかし、電源から充電することも可能なので、ハイブリッドのなかでも、プラグインハイブリッドというジャンルに属している。

【ジャガー XJ 試乗】2リットルでも優雅な走りは驚くほどに健在…島崎七生人 画像
試乗記

【ジャガー XJ 試乗】2リットルでも優雅な走りは驚くほどに健在…島崎七生人

大排気量多気筒エンジンの豊かなトルクとなめらかさでシュルルルと走る…のが、ジャガーのサルーンの持ち味。ましてフラッグシップの『XJ』であれば、なおさらだ。

【ホンダ マイクロコミューター 試乗】安定した走りと実用性で一定の存在意義…松下宏 画像
試乗記

【ホンダ マイクロコミューター 試乗】安定した走りと実用性で一定の存在意義…松下宏

国土交通省が新しいカテゴリーの乗り物として考えている超小型モビリティの認定制度が2013年2月1日からスタートした。

【MINI JCW クラブマン 試乗】痛快さと実用性を両立…島崎七生人 画像
試乗記

【MINI JCW クラブマン 試乗】痛快さと実用性を両立…島崎七生人

『MINI』のサブブランドにして“高性能ライン”の『JOHN COOPER WORKS』。今やハッチバックを筆頭に6タイプと全ボディ(間もなく7タイプになる見込み)に用意される。

【プロトン サトリアネオ 試乗】LSD&18点ロールケージ装着済みで149.1万円…諸星陽一 画像
試乗記

【プロトン サトリアネオ 試乗】LSD&18点ロールケージ装着済みで149.1万円…諸星陽一

なんだか見たことがないクルマが登場したと感じている人も多いだろう。このクルマはマレーシアのプロトンという自動車メーカーが作っている『サトリアネオ』というクルマ。

    1 2 > 次
Page 1 of 2